ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“きもの”は寸法を変えられると知っていますか?仕立て直すことで大切な“きもの”を受け継いでいく。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「きものと洋服の違い」

きものと洋服の違いって皆さんは何を思い浮かべますか?

形、素材、しきたり、、などいくつもありますが、最も大きな違いの一つに、きものは解いて寸法を変えて仕立て直せる、ということがあります。

明治初期までは、きものを洗うと言ったら、解いて洗うことが一般的でした。

お母さんのきものを娘さんに、お姉さんのきものを妹さんにといった具合に、着る人が変わる場合、寸法を変えて縫っていたのです。

例えば、お母さんの振袖を娘さんに着せたいと思っても、娘さんの方が身長が高い場合など、寸法が合わない場合がありますよね。上の写真のように、裄がつんつるてんになってしまう場合がよくあります。

洋服だったら諦めるしかないのですが、きものの場合は娘さんの寸法に仕立て直せるのです。

どうしてきものはサイズを変えられるのか?

こちらがきものを解いた写真です。

きものは、仕立てる際にあまった布を切らず、すべて縫い込みます。そのため、解いてつなぎ合わせると元の反物に戻せるのです。元々お母さんの寸法に縫っていたとしても、生地の幅があれば長くできるのです。

次ページ>きものを解いた後は、汚れを落として洗い張りを実施。仕立て直すまでをご紹介!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
趣通信の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。