ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

牛肉100%! ハンバーガーって、実は家で作るとすごく簡単で美味しい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハンバーガーというとファストフード、もしくは専門店で1,000円超えのイメージがありますよね。

でも、実は家で作るとすごく簡単に美味しくできるのです。

今回は家でサクッとハンバーガーを作ってみましょう。

買ってくるべき材料は、コレだけ!

[材料]

・バンズ

・牛肉 1個につき150gぐらい

あ、あとは塩コショウは必要ですが、このへんはまぁふつう家にあると思いますので、家のを使ってくださいね。肉も、牛がおすすめですが合い挽きでもOK!

パテ作りのポイント

作り方ですが、まず、パテを作ります。

普通ハンバーグを作るときはパン粉だの卵だの刻んだ玉ネギなど、いろいろ必要ですが、

そういうの一切ナシ。

肉に塩コショウで味をつけたら、こねて、焼いて、バンズにはさむ

基本はこれだけでできちゃいます。

でも、パテをこねる時ポイントが3つあります!

いきます。

①手は冷たい状態で

脂は熱で溶けて肉がだれてしまうので、手を氷などで冷やしながら作るのがおいしい肉汁への第一歩です。ちょっと冷たいけどガマン。

塩コショウをしてから、こねます。ボウルなどを使ってもいいですけど、面倒なのでまな板の上でも大丈夫です。ただ、このとき、②ちゃんと粘りが出るまでこねるのがポイントです。これも肉汁を閉じ込めるため。

③手でキャッチボールをするように数回パンパンします

このことによって空気を抜きます。全ては肉汁のため!


いよいよ、焼きます

焼く前に中央を少しへこませるとよいです。

なぜなら、焼くと中の空気が膨張して真ん中が膨らんでくるからです。

同じ理由で、焼くと縮むのでバンズより少し大きめのサイズにしておくと吉。

パテから油が出ますので、テフロン加工のフライパンなら油をひかなくても大丈夫ですが、鉄のフライパンでしたら油をひいてくださいね。

焼き目がついたらひっくり返してフタをして蒸し焼きにします。

約10分後、この肉汁です。うはは。

パテをいったんどけたらバンズを軽くフライパンで温めます。

トースターでもいいですが、焦がさない程度に軽く、がポイントです。


バンズにパテをはさんだら、完成です!

正真正銘ビーフ100%

シンプルに肉のうまみを味わうハンバーガーです。

私、ここの潔さ、好きです。

たいへん男らしい!

オプションも楽しいですよ

しかーし。

ゆきちゃめゴンは贅沢も好き。

オプションもいろいろ用意してみました。

ここからは、冷蔵庫にあるものを入れるもヨシ、好きなものを買ってきていれるもヨシ。

お好みでチョイスしてくださいませ。

今回はあえて全部! 入れてみました。贅沢だ。

塩コショウだけ、というのもいいですけど、途中からケチャップやマスタードを付けるのもおすすめ。また違う味が楽しめます。

全部乗せのも、シンプルなパテだけの肉を味わうバーガーも、どちらも捨てがたいおいしさですが、まずはぜひ、肉だけのシンプルなバーガーからトライしてみてもらえるといいかなと思います。こんなに簡単に美味しくできるの? って目からウロコですよ。

書いた人:ゆきちゃめゴン

食べることばかり考えています。弱いのにお酒も好きです。ふだんはエディトリアル系を中心にDTPデザイナー。東京の下北沢・渋谷あたりで生きています。万年ダイエッターでしたが、最近痩せることをあきらめました。Small Happy Thingsというサイトにも参加中。 ウェブサイト:Small Happy Things 小さな幸せについて考えるサイト

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

溶けても薄まらない! コーヒー氷を作って濃いカフェオレを楽しんでみた
自宅で、素人が、ローストビーフ! サンドイッチも押し寿司も激ウマ
ドイツに行かなくてもOK!? 世界最大のビール祭り「オクトーバーフェスト」を自宅でやってみた!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP