体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

牛肉100%! ハンバーガーって、実は家で作るとすごく簡単で美味しい!

f:id:uralatokyo:20160905114143j:plain

ハンバーガーというとファストフード、もしくは専門店で1,000円超えのイメージがありますよね。

でも、実は家で作るとすごく簡単に美味しくできるのです。

今回は家でサクッとハンバーガーを作ってみましょう。

買ってくるべき材料は、コレだけ!

[材料]

・バンズ

・牛肉 1個につき150gぐらい

f:id:uralatokyo:20160907101217j:plain

あ、あとは塩コショウは必要ですが、このへんはまぁふつう家にあると思いますので、家のを使ってくださいね。肉も、牛がおすすめですが合い挽きでもOK!

パテ作りのポイント

作り方ですが、まず、パテを作ります。

普通ハンバーグを作るときはパン粉だの卵だの刻んだ玉ネギなど、いろいろ必要ですが、

そういうの一切ナシ。

肉に塩コショウで味をつけたら、こねて、焼いて、バンズにはさむ

基本はこれだけでできちゃいます。

でも、パテをこねる時ポイントが3つあります!

いきます。

①手は冷たい状態で

脂は熱で溶けて肉がだれてしまうので、手を氷などで冷やしながら作るのがおいしい肉汁への第一歩です。ちょっと冷たいけどガマン。

f:id:uralatokyo:20160905113224j:plain

塩コショウをしてから、こねます。ボウルなどを使ってもいいですけど、面倒なのでまな板の上でも大丈夫です。ただ、このとき、②ちゃんと粘りが出るまでこねるのがポイントです。これも肉汁を閉じ込めるため。

f:id:uralatokyo:20160905113243j:plain

③手でキャッチボールをするように数回パンパンします

このことによって空気を抜きます。全ては肉汁のため!

f:id:uralatokyo:20160905113315j:plain

いよいよ、焼きます

焼く前に中央を少しへこませるとよいです。

なぜなら、焼くと中の空気が膨張して真ん中が膨らんでくるからです。

同じ理由で、焼くと縮むのでバンズより少し大きめのサイズにしておくと吉。

f:id:uralatokyo:20160905113530j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。