ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

えぇ~ソレは…… 男がドン引きしてしまう女性の趣味

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あまり人様の趣味についてとやかく言いたくはないと普段から僕は思っています。

こうした精神世界は、どうしたって理解できない境地に達している方々が存在しているのだから。

そこで今回は、飲み屋に居た男7人が、「その趣味ドン引きするわ~」と、白い目をしながら語った女性の趣味について男性特有の目線と、独断と偏見で話し合った結果をお伝えします。

占い、スピリチュアル

これは男どもには理解不能の趣味なようです。テレビや雑誌の占いなどを見るのは構いません。

ただ、深みにハマると「デートが全部パワースポットだった」とか「行ってはいけない方角だと言われ、デートプランを変更した」なんてこともあるようで、中には「誕生日に壺をもらった…」「変な人形を部屋に置いていった…」というような体験をした男もいました。

どこどこのオカン的なことを言われても、男どもにはイマイチ理解できないのです。

野菜にやたら詳しい

これは、多くの男たちが「肉だったら付き合えるのになぁ~」と、残念がっていました。

僕も分かります。ニアミスなんですよね、チョイスする食材が。

そしてこうした趣味をお持ちの女性に対して男どもは、最終的には「人の食い物に口出ししてくる」、「究極は生で食わされる」など、行き過ぎた健康志向にゲンナリしてしまうようです。

基本的に多くの男は、サラダより肉が好きなのであまり強制はしないでください、ということだそうです。

自分磨きが趣味

これは「意識高い系なんて呼ばれる女性に多い」と、意見が一致しました。

そして男どもは、「意識高い系ってミーハーでしょ」、「無駄な出費があるような気がする」と、自分を磨くために色々なものに手を出す姿が「貪欲すぎて引く」「いまだに自分探しですか」と、感じてしまうそうです。

昔の男の趣味

元カレに教わったものが、そのまま趣味になっている女性って結構いるんです。

野球の一球団だけ妙に詳しかったり、音楽の好みがかなりハードコアだったりすると、男どもはそこに別の男の存在を感じてしまうものなのです。

「オレの趣味に合わせてくれる」ならまだ良いのですが、いまだにそれを趣味として続けられるとドン引きする以前に「過去を断ち切れていない女」と思ってしまうようです。

「趣味なんて私たちの勝手でしょ」と思われるかもしれませんが、男どもに白い目を向けられそうな趣味をお持ちの方は、自分だけで楽しんで頂き、決して男どもに押しつけないで欲しいとのことです。

関連記事リンク(外部サイト)

高嶺の花? 美人なのに男が敬遠してしまう女性の特徴
イイ男ってやっぱりいるのよ、なるべく選んで欲しい男の特徴
早く気付いて! 女子が密かに送っている「好き」のサイン

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP