ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ぐっすり眠れない寝苦しい夜に。快適な睡眠をとる工夫とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

寝苦しい夜に快適な睡眠をとる工夫とは?
なかなか寝付けない、またはぐっすりと眠れないという方はいらっしゃいませんか?今回は、寝苦しい夜を快適にして、ぐっすり寝るための工夫をご紹介しようと思います。

就寝前に部屋を一気に冷やす

寝ている間もクーラーをつけっぱなしにして、風邪をひいてしまったという方もいるのではないでしょうか。そこでオススメなのが、寝る1時間前くらいに、寝室をクーラーで一気に冷やします。

温度の目安は25度くらい。少し寒いかなと感じるくらいでOK。寝室が冷えたなと感じるくらいの温度になったらクーラーを消します。こうすると、寝る前に寝室が冷え、体の温度も下がった状態になるので、寝つきやすくなります。それでもやっぱり寝付けないという人は、28〜29度などクーラーの温度を高めにして寝るといいでしょう。

ぎゅーっぱ体操でリラックス

ぐっすりといい睡眠をとるためには、就寝前の体がリラックスしていることが大事。そこでオススメしたいのが、全身の緊張を取るリラックス体操。就寝前に布団の中で行うことリラックス効果も高くなり、眠りにつきやすくなります。方法は簡単。まず腕や足、お腹など力を入れやすい部分にぎゅーっと力を入れて数秒間キープします。そのあと全身の力をパッと抜き、数秒間ほど全身の力を抜いて脱力します。これを3〜5回繰り返します。

血のめぐりが大きいところを冷やす

もし、あなたの家に、お菓子などを持ち帰る際にもらう保冷剤があるなら、それを有効利用してみましょう。首の裏側、両脇の下、股関節など、血のめぐりが大きいところを保冷剤を使って冷やします。冷やす目安は、「冷たいな」と感じる手前くらいがベスト。


この時、あまり冷やしすぎないのもポイント。冷やしすぎてしまうと、かえって体がバテやすくなってしまうからです。もし家に保冷剤がない場合は、市販の冷却シートを使うのもいいでしょう。冷却シートを使う場合は、保冷剤ほど冷えすぎないので、頭などに貼りっぱなしで寝てもOKです。

ぐっすりと寝ることは、頭の中をリセットしたり、日中に受けたお肌のダメージを回復したり、疲れをとったりと、とっても重要なこと。でも、寝苦しい夜はなかなかそれも難しいですよね。ここで紹介した方法は、どれも簡単にできるものばかりですから、寝苦しくてなかなか寝付けない夜に試してみてはいかがでしょうか。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

ぜひ食べて!アンチエイジング効果抜群の秋野菜3選
美しいウエストを実現するために!痩せ体質を遠ざけるNG姿勢2つ
1週間でマイナス2キロも夢じゃない!?よく噛むだけダイエット!
コンシーラーは“隠す”のではなく“印象を変える”もの!3つの部分に入れるだけで印象UP♡
【夜ヨガの魅力と効能】積極的・健康的なリラックス。不安やイライラを解消するヨガポーズ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。