ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これじゃ、やせない!どんどん贅肉をつけるNGな座り方3つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


運動や食事習慣を改善しているのになかなか引き締まらない・・・!普段座っているときの姿勢が、歪みやすく、太りやすい体質を招いている可能性があります。座り方を改めれば、それだけで代謝アップ!今日から次のようなNG座り方を卒業しましょう。

背もたれに背中がついている

バスや電車で座っているとき、デスクで仕事をしているとき、家で食事をしているとき・・・。座っているとき、背中はどこにありますか?背もたれにベタッと貼りついている場合は要注意。背中の筋肉が緩みっぱなしで、負荷が全くかかりません。

背もたれから背中を離し、背筋を伸ばすようにするだけで、背中の筋肉を使い体幹を鍛えることが可能。引き締まった背中を実現しやすくなりますよ。

両膝が離れている

背中だけでなく、膝にも注目!両膝がしっかりとくっついていますか?意識して両膝をくっつけていると分かりますが、膝同士がくっついた状態をキープするのってかなり力が入りますよね。その姿勢をキープし続けることで、太ももの内側の筋肉を鍛えることができます。

ただくっつけるだけでなく、お互い押し合うようにして中心に向かって力を入れると、より引き締め効果が高まります。

猫背になっている

背もたれから背中が離れていても、猫背になってしまっていたらNG。めぐりが悪く、歪みやすくなるため、贅肉がつきやすくなります。

下腹をぐっと上に持ち上げるようにして、背中をまっすぐ引っ張り上げると、それだけでよりスリムに見えます。さらにその姿勢を続けることで、体幹の筋肉トレーニングになりますよ。


座り方を工夫するだけで、その場でダイエットトレーニングが可能です。太ってしまう原因となるNG姿勢を改め、キュッと引き締まる美姿勢をキープしてくださいね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

下腹ポッコリをムリなく解消する「食事・エクササイズ」のポイント
【簡単美声トレーニング】声が綺麗だと美人に見えるって本当?
隙間時間に小顔になれる!「顔のむくみ・たるみ」を防ぐマッサージ
下半身と骨盤底筋を鍛えてヒップアップ!バストアップ!くびれが手に入る!
ぐっすり眠れない寝苦しい夜に。快適な睡眠をとる工夫とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP