ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おだしでいただく「生ハムうどん」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月24日放送の「王様のブランチ」(TBS系、午前09時30分~)では、うどんが大好きなゲストと秋の極旨うどんを巡ったコーナーで、小林麗菜さん、熊井友理奈さん、ゲストのケンドーコバヤシさんが「BUZEN・麻布十番店」(東京都港区)を訪れた。
同店は東京メトロ南北線麻布十番駅から徒歩2分に位置する、北九州の豊前うどんが頂けるうどんの専門店だ。

紹介されたのは「梅とろろ昆布うどん」(850円/税込み)や「ごぼうおろしぶっかけ」(1100円/税込み)、「釜バターうどん・玉子付き(温)」(870円/税込み)など。
3人の所に運ばれてきたのは「生ハムうどん」(1180円/税込み~)。軽く生ハムをだしに通して頂くこのうどん、添えられた生ハムは「クラッチャ(もも肉)」と「グアンチャーレ(ほほ肉)」。
昆布をベースにしたカツオ節・数種類の出汁でうどんを頂いた後、生ハムを浸して一口食べたケンドーコバヤシさんは「えー!こんな風に生ハム食べるの初めてです」と驚く。
さっぱりめの出汁と生ハムの塩味が相性抜群で、一同は「ハムの塩っ気がいいアクセントになってますね」「これはまったく新しいな本当に」と口々にコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:BUZEN 麻布十番店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:麻布十番のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:麻布十番×和食のお店一覧
ダブル生姜鍋で体ポカポカ「ちりとり鍋」
オススメ中華料理店の「八宝菜と酢豚の特別セット」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP