ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元筆職人が作るお肉が箸で切れちゃう「特製ビーフシチュー」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月24日放送の「もしもツアーズ」(フジテレビ系、午後18時30分~)では、東京・谷根千のレトロな下町の路地裏探検をしたツアーの中で、天野ひろゆき(キャイ~ン)さん、ウド鈴木(キャイ~ン)さん、三瓶さん、高田延彦さんらが「筆や」(東京都台東区)を訪れた。

同店は筆職人の主人が作る特製のビーフシチューがいただける洋食店。その名の通り、もともとは芸術家も訪れるような筆の専門店だったのだが、芸大生相手に料理をふるまううちにお客さんの喜ぶ顔が見たくて開業したという。

名物の「特製ビーフシチュー」は国産の仙台牛のA5に近いランクの「ブリスケ」という部位を使用しており、器いっぱいの食べ応えのある大きさが迫力ある一皿となっている。

一同いっせいに頂くことに。「箸で簡単にこうカットできる」「切れちゃう!」「柔らかいんだ」と続々とコメントが続き、高田延彦さんは「コレやばい!」「噛まなくて良いね」と、肉の柔らかさとシチューの味に感激した様子だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:筆や(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:日暮里のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:洋食・西洋料理のお店紹介
ぐるなび検索:日暮里×洋食・西洋料理のお店一覧
ダブル生姜鍋で体ポカポカ「ちりとり鍋」
オススメ中華料理店の「八宝菜と酢豚の特別セット」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP