ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電動歯ブラシは100均の電動消しゴムで代用可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電動歯ブラシは100均の電動消しゴムで代用できます。とはいえ、電動歯ブラシは振動モーター。消しゴムのシャフトが回転するタイプのモーターとは仕組みが違います。そこで、100均の電動消しゴムの内蔵モーターを交換して、愛用している歯ブラシで電動歯ブラシを作りましょう。

電動歯ブラシへはモーターを交換

100均の電動消しゴムは、握りやすいフォルムです。ここで消しゴムの代わりにお気に入りの歯ブラシを取り付ければ、電動歯ブラシに変身します。

電動歯ブラシへの改造の手順は、電動消しゴムの内部を開けて搭載しているモーターを市販の振動モーターと交換するだけ。電動消しゴムには、シャフトが回転するタイプのモーターが内蔵されています。

これをモーター全体が振動するタイプのものに交換。基本的に電動歯ブラシは、この振動モーターで動いているのです。さらに、スイッチと電源をハンダで接続。そして、オン/オフ用のスイッチを本体外側に装着すればほぼ完成です。

愛用の歯ブラシで電動歯ブラシ化

実際に電動歯ブラシへ改造していきます。電動消しゴムの内部は、モーターと電池だけのシンプルな構造。まずはモーターを交換します。外側にスイッチを取り付けて、振動モーター、電池、スイッチをハンダづけするのです。

歯ブラシの柄を適度な長さで折り、電動消しゴム本体の先端に取り付けます。また、振動モーターの振動が全体に伝わるように本体の底部に設置するのがポイントです。

これらの作業は、異素材同士でも容易に接着できるグルーガンで行うと簡単。これで自分が愛用している歯ブラシを簡単に電動歯ブラシ化できます。原理は市販の電動歯ブラシと同じです。

関連記事リンク(外部サイト)

無線ルーターのおすすめ簡単パワーアップ改造
エポキシ接着剤の溶接並みの強度を試してみた
ドローンの操作距離を「蒸し器」を使って延ばす
2×4材と突っ張り金具で室内に柱を追加する
車の傷消し!自分で修復するための4工程とは

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP