ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

遂に全米TOP10入り!J・ビーバーのヴォーカルの凄味を感じるDJスネイク「レット・ミー・ラブ・ユー」(Song Review)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 8月27日付・米ビルボード・アルバム・チャートで8位にデビューを果たした、DJスネイクの実質上のデビュー・アルバム『アンコール』から、先行シングルとしてリリースされた「レット・ミー・ラブ・ユー」が、最新のソング・チャートで6位に浮上し、自己最高位を更新した。

 この曲は、ジャスティン・ビーバーをフィーチャリング・ゲストに迎えた、お得意のトロピカル・ハウスを起用したダンスチューンで、ジャスティンのヴォーカルが全面に活かされたキャッチーなサビが印象的な1曲。DJスネイクの出身であるフランスやドイツでは、先立ってNo.1を獲得している。

 制作は、DJスネイクとジャスティン・ビーバー、ニューヨーク出身の新人シンガーソングライター、アンドリュー・ワットと、ワン・ダイレクションやデミ・ロヴァートといった人気シンガーたちを手掛ける、アレクサンドラ“Ali Tamposi”が担当している。初週のデジタル・チャートでは113,000ダウンロードを記録し、No.1デビューを果たした。

 2015年、最高位4位をマークした、DJスネークの大ヒット曲「リーン・オン」と似た中毒性は、「NAH NAH NAH」と同じフレーズを繰り返すフックと、強烈なデジタル音が飛び交うインタールードにある。二番煎じといえばそれまでだが、ジャステインを起用することによって、「リーン・オン」とはまったく別物の楽曲に聴こえる。彼のヴォーカルは、どの曲も瞬時に自分色に染め上げてしまうから凄い。

 8月5日に公開されたリリック・ビデオは、1億回の視聴回数を突破し、大きくチャートのポイントに貢献している。16億視聴回数という、驚異的な数字を叩き出した「リーン・オン」のビデオに続き、この曲もミュージックビデオが完成すれば、リリック・ビデオ以上の視聴回数を期待できるだろう。

 DJスネイクのデビュー作『アンコール』からの次のシングルは決定していないが、アルバムには、その他にも人気ラッパー、トラヴィス・スコットが参加したヒップホップ・チューン「オー・ミー・オー・マイ」や、「リーン・オン」のパートナーとして相性の良さをみせた、スクリレックスとの共作「サハラ」など、シングル曲として候補に上がりそうな曲が待機している。

Text:本家一成

◎リリース情報
「レット・ミー・ラブ・ユー feat. ジャスティン・ビーバー」
DJスネイク
2016/8/5 RELEASE
デジタル配信
https://goo.gl/CfXvc5

関連記事リンク(外部サイト)

【ULTRA JAPAN 2016】オフィシャル・コンピ発売決定&トラックリストも公開
J・ビーバーとの話題コラボ曲も収録!2016年、最も新しいサウンドを知る―DJスネーク『アンコール』(Album Review)
DJスネーク、スクリレックスとの新コラボ曲をチラ聴かせか

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP