ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スペインが生んだ偉大な舞踊家アントニオ・ガデス、その遺志を継ぐ舞踊団が7年ぶり再来日

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フラメンコ界に革新をもたらしたアントニオ・ガデスの生誕80周年を記念し、9月17日から「アントニオ・ガデス舞踊団」が7年ぶりの来日を果たし、ガデスの愛弟子だったステラ・アラウソ監督の元『血の婚礼』『フラメンコ組曲』『カルメン』を上演した。

 初日、9月17日のプログラムはガルシア・ロルカの戯曲を元にした『血の婚礼』から始まった。奇しくも今年はロルカが銃殺されてから80年周年という年でもある。1936年8月にこの世を去ったロルカの戯曲は、11月生まれのガデスの、そしてアントニオ・ガデス舞踊団のターニング・ポイントとなった作品となった。

 冒頭では、もうすぐ結婚式を迎える息子と母親の愛と不吉の前兆が、ギターの音にのせたマイムで表現される。従来の「フラメンコ」のステージを想像して見に来ると、それが物語を紡ぐ総合藝術としてのステージであることに気づくだろう。二組の男女による愛と嫉妬、情熱と情念が、生々しいまでに描かれる人間的なステージ。

 一方で、舞台上に音楽(歌とギター)も共に在り、ダンサーがその足音に表現の翼を乗せる要素は、いかにもフラメンコ。ゆりかごを揺らしながら物悲しく聞こえてくる子守歌、結婚式につきものの楽しげなパソドブレ。喧噪から一転して、ナイフとナイフが絡み合う決闘のシーン、緊張が高まる無音のスローモーションに観客は息をのむばかりだ。

 後半の『フラメンコ組曲』では、伝統的なフラメンコ舞踊を、ソロ、デュオ、群舞で次々と披露。舞台上にギタリストとカンタオール3人が現れ、マシンガンの様なパルマ(手拍子)と迫力在る歌声で舞台を彩る様は圧巻だ。祭りの終わり、フィン・デ・フィエスタではカンタオール達も踊り出し、ダンサー全員のパルマと共に最高潮の盛り上がりを見せ、終幕。満員の客席は頭上に手をかざし、大きな拍手でステージを讃えた。

 ガデスの遺志を継ぎ、伝える名門カンパニー、アントニオ・ガデス舞踊団の来日公演。9月18日、19日は東京にてガデスの代表作である「カルメン」上演、その後、兵庫公演、福岡公演を行った。text by yokano / 「血の婚礼」photo by 小川峻毅

関連記事リンク(外部サイト)

アダム・レヴィーン&ベハティ・プリンスルー夫妻に第一子誕生
スティング 新曲はデヴィッド・ボウイやプリンスにインスパイアされた曲
モーガン・ネヴィル監督最新作、ヨーヨー・マに密着したドキュメンタリー映画が日本公開決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP