ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

季節限定!ジューシーでボリュームたっぷり♪広島産牡蠣フライが「かつアンドかつ」に登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫


サクサク、ジューシーな牡蠣フライがおいしくなる季節だ。牡蠣フライになくてはならないのがタルタルソース。食べる人の好みに応じて“ソース”にまでこだわった季節限定メニューが登場した。

ダスキンが運営するとんかつ専門店「かつアンドかつ」は9月26日(月)より、厳選した広島産牡蠣をつかったメニューを中心に11種を取り揃えた「秋冬フェア」を開催する

「秋冬フェア」で展開される代表メニューは「広島の牡蠣フライと極上ロース膳」(1920円)。広島産の牡蠣フライ2個と「極上ロース(六穀豚)」120gがメインの、かつアンドかつが自信をもっておススメするメニュー。三種のきのこ汁とご飯、キャベツ、南高梅、漬物、甘味までついた大満足のセット。
秋冬の味覚を堪能するなら「季節の花かご膳」(1690円)はいかが?ヒレかつ30g、海老フライまたは牡蠣フライ、豚しゃぶロール、長芋フライ、海老とホタテのサラダ、茶碗蒸し、黒米粥またはご飯と味噌汁、南高梅、漬物、甘味がついたセット。見た目も華やかで、少しずついろいろ食べたい女性にも喜ばれそう。

「広島の牡蠣フライとヒレかつ膳」(牡蠣2個は1480円、牡蠣3個は1590円)は、好みで牡蠣フライの数を選べるセットメニュー。ご飯、味噌汁、キャベツ、漬物つき。

牡蠣フライのソースは「温泉玉子のタルタルソース」または「白だしのおろしソース」から選べる。タルタルソースは酸味を調節できるよう、お好みで温泉玉子、すぐき、玉ねぎをプラスできるという。さらに今年はとんかつソース以外にも「おたふくウスターソース」をご用意。最初はタルタルソースでいただいて途中からウスターソースで味わえば二度おいしくいただけそうだ。また、白ご飯、味噌汁、キャベツ、漬物はおかわりできる。

お口に広がる牡蠣のジューシーさとボリューム感を好みのソースで堪能しに「かつアンドかつ」へ出かけてみない?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP