体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パン生地からあふれるカスタード! 関西で超人気クリームパン店創業者は「こだわりという言葉が嫌い」

f:id:uralatokyo:20160905002233j:plain

大阪駅前にある、大丸梅田店前の地下は、夕方の17時半になると、毎日のように行列ができます。

通りすがりの人は、「一体何の列?」と、足を止めることでしょう。

その行列の目指す先にあるものは、尼崎市に本店がある、「バックハウス・イリエ」のクリームパン 1個 179円の限定販売の売場です。

並んだ人たちは、「とにかく美味しい!」と言い、評判のクリームパンを求めてここへやってきます。

販売時間に合わせて、本店で焼き上げているため、届いたときはまだパンはホカホカ。気をつけて持たないと、中からとろーりとしたカスタードクリームが、パン生地を突き破って出てきてしまうほど、たっぷりとクリームが入っています。

f:id:uralatokyo:20160905004226j:plain

食に関しては厳しい大阪。

安くて美味しいものは当たり前で、人気があるからと言って、いつまでも同じことをしていては飽きられてしまいます。

いかにして、美味しいものを飽きられず人気を維持し続けられるのかは、提供する側にとってはいつも課題です。

生存競争の激しい中で、何年も変わらず支持されている秘訣は一体何なのでしょうか?

その秘密を知りたくて、尼崎市園田にある園田本店を訪ね、創業者の入江氏にお話をうかがうことができました。

f:id:uralatokyo:20160905002358j:plain

▲園田本店も客足が絶えない人気店。客足が引いた一瞬がシャッターチャンス!

昭和40年代「もっと美味しいクリームパンを作れる!」と開発

昭和40年代、金沢のパン店でパン職人として修行をし、頭角を表していた入江氏。ある日、東京の有名菓子店による「クリームパン」を食べて、「もっと美味しいクリームパンを作れる!」と確信したとか。というのも、その当時の「クリームパン」と言われる商品は、今のようなカスタードクリームではなく、決して美味しいと思えるものではなかったとか。

そこで、入江氏は、洋菓子用のカスタードクリームをたっぷり使ったクリームパンを開発。発売直後から飛ぶように売れたそうです。

その後、今では大手の百貨店に出店するほど有名な神戸の洋菓子店の社長を務め、昭和63年に独立して「バックハウス・イリエ」をオープン。今のクリームパンの人気へと繋がっていきました。

ここのカスタードクリームは、ケーキに使われているような、とろけるような美味しい味。

有名洋菓子店で、培われた味のカスタードクリームを使用しているのだから、人気があるのは納得できますね。

「こだわり」よりも大事なのはお客さんの喜び

「バックハウス・イリエ」は、1990年代から大丸百貨店に出店し、最盛期には1日に1800個ほどの販売があったとか。

あまりにも行列ができて通行の妨げになるなど、時代と共にさまざまな制限が課せられしまったために、当時ほど作ることはできなくなってしまいましたが、それでも平日は800個、週末は1000個ほど売り上げています。

さて、そのとろけるほど美味しいクリームパンですが、さぞかしこだわりがあるのでは? と質問してみたところ、と一蹴されてしまいました。

とにかく、お客さんが喜んでくれるものを提供することに従事しているだけで、「味のバランスが一番大事」と入江氏。こだわりぬいた素材を使用しているわけではないけれど、何よりも「美味しい」と感じられる味のバランスを大事にしているそうです。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。