ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界が賞賛。トライアスロンの金メダリストが、勝利よりも優先した「大切なモノ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

久々に胸が熱くなった。

街のトライアスロンならともかく、世界中の超一流アスリートが集結する大会での出来事である。

記事を読み終えた後でいいので
ぜひ動画をチェックしてほしい

9月18日、メキシコのコスメルで開催された「世界トライアスロンシリーズ」の今季最終戦。レースは終盤。優勝争いは3人に絞られていた。

ここで注目してほしいのはそのうちの2人。アリステアとジョニーのブラウンリー兄弟。兄・アリステアは、2012年ロンドン五輪、先日のリオデジャネイロ五輪と連覇を達成した絶対王者。弟・ジョニーも、ロンドンで銅、リオデジャネイロで銀メダルを獲得した実力者だ。

ゴール直前。それまで首位を走っていた弟・ジョニーにアクシデントが発生。なんと極度の脱水症状に陥り、意識は朦朧。立っていることすらままならなくなってしまった。すぐ背後には、2人が迫っている。

そのうちの1人が兄・アリステア。このまま抜き去りゴールを目指すかと思いきや、

ペースダウンしてジョニーに肩を貸し、一緒に走り始めた。つまり、優勝争いから降りてまで、弟をサポートする選択をしたのだ。

この兄弟愛に、観衆も大喝采を送る。

しかも、
ゴールは「弟」が先。

2人はゴール手前まで並走。

ここでアリステアはジョニーを前に押し出す。

倒れながらゴールしたジョニーが2位に。助けたアリステアは3位でフィニッシュ。

「BBC」によると、アリステアは「人として当然のことをしただけ」とコメントしたらしいが、いやはや、勝利をひたすら追求するはずのトップアスリートが、こうした選択をするのは非常に稀なことだと思う。

たしかに、この大会で優勝した選手は記録に残る。ただし、決して忘れられることなく人々の記憶に残り続けるのは、ブラウンリー兄弟のほうかもしれない。※2017年5月13、14日には横浜で「World Triathlon Series」が開催Reference:BBCLicensed material used with permission by International Triathlon Union

関連記事リンク(外部サイト)

脳性まひの少年がトライアスロンを完走!「立ち上がることしか、考えてなかったよ」
まだ見ぬ世界へ、自転車とともに。僕がレースを愛する理由。-本田直之-
【男の血が騒ぐぜ!】マラソン、バイクに、ヨット!世界の超過酷なサバイバルレース10選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP