ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

独特な味がクセになる?ベトナムに行ったら必ず食べるべき料理3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Yuichi Kudo「ハロン湾クルーズとベトナム縦断の旅

こんにちは。Compathy Magazineライターyuichiです。
東南アジアの料理は近年日本でも人気があり、我々の食文化のうちの一つとして定着しましたが、エスニックと聞いて連想するのは、トムヤンクン、ビーフン、フォー、生春巻きなどではないでしょうか? それではその中でベトナム料理はどれか知っていますか? いまいちピンとこない人ががほとんどかと思います。

もちろん、ベトナムで生春巻きやフォーは食されています。しかし近隣諸国でも同じように食されていますよね。では改めて、ベトナム料理の特徴とは? 私が考えるベトナム料理の特徴は、ズバリ「洗練」「魚醤」「シーフード」というキーワードで表現できると思います。

ベトナムはかつてフランスの植民地だったため、食文化にもフランスの影響が残っています。その影響もあってか、味、見た目が「洗練」されている気がします。

そしてヌックマムという「魚醤」を調味料として使うため、料理に独特の香りが加わります。正直、最初は臭いのですが慣れたら不思議とおいしいんです!

そして国自体が海沿いに細長い地形のため、「シーフード」がとにかく豊富です。シャコの素揚げは本当においしかった! 

ほかには「パクチーを大量に使う」「バナナの花をサラダとして食べる」ということも、ベトナム料理に対する印象として残っています。

ではここで、私がおすすめしたいベトナム料理を3つ紹介します。

(1)生春巻き

これはベトナムの生春巻きです。とにかく暑い国なので新鮮さが命。作り立てがレストランにて提供されます。この生春巻きを専用のソース(ヌックマムにライム、ビネガーを加えたもの)につけて食べます。

ベトナムを訪問し、最初にヌックマムを食べたときのみ「うわ、くさい!」と思いましたが、その後は不思議と慣れ、おいしいと感じるようになりました。皆さんも食べず嫌いをせずに、ぜひトライしてみましょう。

Yuichi Kudo「ハロン湾クルーズとベトナム縦断の旅」

(2)魚の素揚げ

Photo Credit: Mizuki Nanaumi「陸路で国境を超える旅(ベトナム編)

この写真は南部メコンデルタの町ミトーでの一枚。巨大なエレファントフィッシュの素揚げです。ベトナムは魚介類が豊富で、なんでも素揚げをします。魚、エビ、イカ、カニ、シャコなど、どれも本当においしいんですよ。

なかでもインパクトがあるのがやはりこの巨大なエレファントフィッシュ! 少しずつほぐし、生春巻きにして食べるとグットです。ヌックマムがきいた専用のソースもまた美味。

Mizuki Nanaumi「陸路で国境を超える旅(ベトナム編)」

(3)バインセオ

Photo Credit:Salt Mint「ベトナム縦断旅行おすすめスポット! ホーチミン・ダナン・ホイアン・フエ・ハノイ
写真はベトナム版お好み焼きバインセオです。生地の中には豊富な野菜と豚肉、シーフードが包まれています。そこまで脂っこくないため、何枚でも食べれてしまいます。私は南部ホーチミンシティーのナイトマーケットの屋台でベトナムビール333を片手に何枚も食べてしまいました!

好みが分かれるところではありますが、個人的にはパクチーが効いているところもおいしさを引き立てるポイントになっていると思います。

Salt Mint「ベトナム縦断旅行 & おすすめスポット! ホーチミン・ダナン・ホイアン・フエ・ハノイ」

ベトナム」へ行く前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP