ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

非正規雇用者 炭水化物の重ね食べで糖尿病になる危険

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月19日、NHKが『NHKスペシャル 私たちのこれから「健康格差 あなたに忍び寄る危機」』(以下、『Nスペ』)を放送し、大きな話題を呼んでいる。現役引退後の収入や貯蓄額だけでなく、それまでの生活の様々な要素が幸せに死ねるかどうかを決定づける──そんな内容だ。

「所得と学歴だけでなく、職業や、正規雇用か非正規雇用かといった就業状態などさまざまな指標で見て、社会経済的地位が低いほど不健康である確率や死亡率が高いことがわかってきた。実はいま、日本で命や健康に大きな格差が生まれているのです」

 そう語るのは、『健康格差社会』(医学書院刊)の著者で千葉大学予防医学センター教授、国立長寿医療研究センター部長の近藤克則氏である。

 WHO(世界保健機関)は健康格差を生み出す要因として、所得、地域、雇用形態、家族構成の4つを挙げている。

 健康格差を取り上げた『Nスペ』ではまず所得に注目し、低所得者と高所得者では病気にかかる確率がどのくらい変わってくるのかをデータをもとに紹介した。その数字は衝撃的なものだった。

 低所得者は高所得者に比べ、精神疾患3.4倍、肥満1.53倍、脳卒中1.5倍、骨粗しょう症が1.43倍もリスクが高くなるという。さらに、非正規雇用者は正社員に比べ、糖尿病になる確率が1.5倍も高いのだ。

 なぜ、これほどまでの格差が生まれてしまうのだろうか。本誌が理由を掘り下げると、さまざまな生活実態の差が影響していることが明らかになった。NPO法人「ほっとプラス」代表理事の藤田孝典氏が指摘する。

「非正規雇用者であっても、職場での立場が弱いことから、対価に見合わない長時間労働を強いられることがある。私の知るケースでは、仕事が定時で終わらず、朝9時から働き始めて夜10時までサービス残業をさせられていた人もいた。そうした環境下で賃金が低いと、食事は深夜でもやっている安価な外食かコンビニ弁当などで済ませてしまいがちになります」

 最近のコンビニ弁当では、野菜がたくさん入っているものも出てきているが、「栄養バランスよりも値段を先に考えてしまう。おかずの多い弁当は総じて高い。そんなお金はないし、夜遅くまで食事もせずに働いた後だから、つい野菜より肉やご飯の量が多いものばかり選んでしまう」(47歳男性・サービス業勤務)というのが実情だ。

 とりあえず安上がりに空腹を満たそうと、「おにぎりとカップ麺」または「パンとカップ麺」といった組み合わせを選ぶ人も少なくない。

 もともと米や麦(パン、麺の原料)などの炭水化物は安いコストでカロリーを摂取できるという利点があって、世界中で主食として普及してきたのだから、当然といえば当然の成り行きではある。

 ただし、こうした炭水化物と炭水化物の“重ね食べ”は、タンパク質やビタミンが不足する上に、糖分と塩分を摂りすぎてしまう。非正規雇用者に肥満や糖尿病が多いことの原因にこうした食生活があるとみられている。

 2013年には、お金に余裕のない人が低価格の牛丼チェーンに駆け込むことから、“日本の企業がお金をかけずに食事というサービスを提供している”として、「牛丼福祉」という言葉が話題になった。

 ただし、「牛丼福祉」には、負の側面もある。牛丼が安いのには理由があり、その1つが“ほとんどが炭水化物”という点にある。一般的な牛丼チェーンでは重量の7割以上を炭水化物が占めている。

「サラダや味噌汁などのサイドメニューは値段のわりに満足感がなく、もったいないので、ほとんど注文しません」(39歳男性・工場勤務)といったケースが必然的に増える。

 野菜を食べずに炭水化物ばかりを食べていては、低栄養によって骨粗鬆症リスクも上がる。

 お金がないなら、自炊すればいいじゃないか──そう考えるかもしれないが、「非正規で夜勤のシフトにも入っているから、自炊している時間があったら、そのぶん眠りたい」(50歳女性・運送会社勤務)というライフスタイルになっていく。

 糖尿病リスクが上がれば、「死に方」も大きく変わってくる。合併症で腎臓を患うことになれば、長期の通院を強いられ、老後を楽しむどころか生活に大きな制約が生まれる。

 また糖尿病によって認知症リスクが上がることも指摘されている。認知機能が衰えれば、在宅生活が難しくなり、施設入居を考えなくてはならなくなる。十分な蓄えがなければ、入居先が見つからず“難民化”しかねない。所得の違いから生まれる食生活の差によってどうしようもない死に方の格差が生まれていく構図がある。

※週刊ポスト2016年10月7日号

【関連記事】
最近ブームの糖質ゼロと糖質オフ どう違うのか?を解説
肥満に繋がる中性脂肪 油ではなく炭水化物の取り過ぎが原因
全国4700万人予備軍いる「ロコモ」 対策のポイントは「食」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP