ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本人初大リーガーの「お宝」 J.ロビンソンらのサイン50枚

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 憧れのプロ野球選手にまつわる品は、ファンならもちろん、プロ野球選手自身にとっても貴重な「お宝」だ。1964年、東京五輪の年に「マッシー村上」として、サンフランシスコ・ジャイアンツの投手としてメッツ戦に登板し日本人初の大リーガーとなった村上雅則氏(72)に、当時、自分で書いたサイン入りのウインドブレーカー、帽子、バットとボールという「お宝」を紹介してもらった。

 * * *
 僕が初めてサンフランシスコ・ジャイアンツで投げたのは1964年。東京五輪の年です。当時のMLBは試合後ボールをスタンドに投げ込んでおり、ウイニングボールを残す習慣がなかった。だからMLBで日本人初の勝利投手となった試合はもちろん、初セーブや初ヒットのボールもない。

 手元にあるのはシンシナティ・レッズ戦(1965年9月20日)でセーブを挙げた時のボール1個だけ。他には日本人として初めてルイビルスラッガーと契約した時のバット、当時の帽子とウインドブレーカーくらい。もう少し持ち帰ってくればよかったと後悔しています(苦笑)。

 ただ、日本から色紙を持ち込んでいたので、ジャッキー・ロビンソン(近代メジャーリーガー初の黒人選手)やロベルト・クレメンテ(首位打者4回、3000本安打を記録した中南米系選手の先駆け的存在)など、当時のスーパースターのサインは50枚ほどあります。いずれも半世紀前のいい想い出ばかりですよ。

撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2016年10月7日号

【関連記事】
元ド軍監督 「野茂英雄は日本のジャッキー・ロビンソンだ」
道の駅・PAで「角煮バーガー」「津山ホルモンうどん」を
里田まいへ助言「英語ができないと浮いてしまうかも」と識者

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP