体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仕事で困ったとき。こんな9つの「ボディランゲージ」が役に立つ

仕事で困ったとき。こんな9つの「ボディランゲージ」が役に立つ

「ジェスチャー」は、なにかを伝えるために使われることが多いですが、一方で自分の気持ちを盛り上げたり、元気を出したり、ストレスを和らげたりする効果もあると言います。

ビジネス情報メディア「Inc.」に掲載された「優秀な人が使う9つのボディランゲージ」では、人気ライターのJeff Haden氏がその重要性を説いています。

01.
「力こぶ」をつくると
決意が固まる

仕事で困ったとき。こんな9つの「ボディランゲージ」が役に立つ

これ、あなどってはいけません。緊張と血液の流れの関係について知っていますか?

「力こぶ」をつくると、脳に血液が多く循環し、緊張によって脳が感じるストレスを最小限に抑えてくれます。このジェスチャーには集中力を高める効果があると言います。

さらに、魅力的な食べ物を我慢したいときにも効果的だそうですよ。

02.
横になると
クリエイティビティが増す

オーストラリア国立大学教授のダレン・リップニック博士の研究によると、人は横になっているときにクリエイティブなアイデアを発見しやすいといいます。

「背中がまっすぐ水平になっているときに、私たちはもっとも創造力が働きます」とのこと。その理由のひとつは、人が立っているときに分泌されるノルアドレナリンが、創造力を阻害しているそうです。

これは、疲れたときに横になるための言い訳にも使えますね…。

03.
腕を組むと問題に
向き合える

仕事で困ったとき。こんな9つの「ボディランゲージ」が役に立つ

不思議なことに、腕を組むことでずっと解けなかった問題に解決策を見い出せる傾向があります。過去にも、多くの成功者がこのジェスチャーを使っていることがその証拠です。

もしもあなたが解決困難な問題に行きづまってしまったときには、ぜひ腕を組んでみてください。そして諦めずに考えてみましょう。

04.
腰に手をあてて仁王立ちすると
自信が湧いてくる

ハーバード大学のエイミー・カディ教授によると、背筋を伸ばして立って、両手を高く天に突き上げたり、スーパーマンのように両手を腰に当てて立つと、自身が湧いてくるといいます。

もしあなたが神経質になってしまったり自信を失ってしまったときには、これを試してみてください。ただし、誰にも見られていないことをしっかり確認してから試すことをオススメします。

05.
笑顔がストレスを
減らしてくれる

仕事で困ったとき。こんな9つの「ボディランゲージ」が役に立つ

疲れた顔や、つまらなそうな顔で仕事をしていると、脳は余計にその仕事をつらく感じてしまいます。すると、さらにストレスや疲労度が上昇してコルチゾールというホルモンを分泌。コルチゾールが増加すると、血糖値が上がったり病気に対する免疫力が下がったり、不眠症になるといった悪影響が…。

つまり、ストレスがさらなるストレスを生んでいくのです。

これを解消する有効な方法が「笑顔」をつくること。笑顔でいるだけで、状況に大きな変化がなくても、ストレス減少を感じるでしょう。さらにあなたが笑顔でいることで、周りの人もストレスを感じなくなります。

06.
お辞儀をすることで
気分が良くなる

仕事で困ったとき。こんな9つの「ボディランゲージ」が役に立つ
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。