ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

落下して壊れてもすぐ元通り!レゴブロックでつくるDIYドローンキット「Flybrix」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デンマーク生まれのプラスチック製組み立てブロック玩具レゴ(LEGO)は、1949年の発売以来、世界中の子どもたちから愛され続けているロングセラー商品。

米ジョンズ・ホプキンス大学の研究結果で「レゴブロックを組み立てているとき、空間的推論スキルが刺激される」ことが明らかになるなど、知育玩具としても一定の効果が認められている。

・レゴブロックでつくるドローン

「Flybrix(フライブリックス)」は、米サンフランシスコで2014年から開発がすすめられてきた、レゴブロックをパーツとするDIYドローンキットだ。

付属のレゴブロックを使って、4つの回転翼を持つクアッドコプター、6つのヘキサコプター、もしくは8つのオクトコプターの機体をつくり、あらかじめプログラムされた回転基盤にモーターを接続すれば、ドローンが完成。

付属ブロックに加え、手持ちのレゴブロックを使って、自分だけのドローンを自由にデザインすることもできる。

このドローンは、Bluetooth経由で、専用アプリ「Flybrix Flight Control App」をインストールしたスマートフォンから操作する仕組み。

誤って落下しても、レゴブロックをつなぎ直すだけで、元通りに使える“クラッシュフレンドリー”な点も特徴だ。

・標準キットとデラックスキットで展開

「Flybrix」の対象年齢は、14歳以上。

標準キットとデラックスキットの2種類で展開され、現在、公式ウェブサイトを通じ、それぞれ、149ドル(約1万5000円)と189ドル(約1万9000円)の限定特別価格にて販売されている。

Flybrix

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP