ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドイツ最古の工房「マルガレーテンヘーエ工房の器」展、六本木で開催中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

関連イベントやインタビュー記事の配布も

2016年9月16(金)から10月16(日)までの1ヶ月間、東京・六本木のLIVING MOTIFにて、「マルガレーテンヘーエ工房の器」が開催されています。

シンプルで美しい曲線と選び抜かれた釉薬の色味が人気のドイツのマルガレーテンヘーエ工房(Keramische Werkstatt Margaretenhohe)の器の展示販売会です。

マルガレーテンヘーエ工房は、1924年にバウハウスの影響下で設立されたドイツで一番古い工房のひとつ。ソウル生まれの李英才(リー・ヨンツェ)がアートディレクターを務めていて、彼女のルーツであるアジアの食文化とドイツの職人技術とが融合し、ミニマルなフォルムでどんな料理やシーンにも合う器のシリーズが生まれました。

会期中、マルガレーテンヘーエ工房の器を使って料理をおもてなしするイベントが開催されるほか、工房のスタッフである石岡祥子さんも来日。店頭では、器好きのマイク・エーブルソンさん、泊昭雄さん、平松洋子さんの3人が、マルガレーテンヘーエ工房の器について語ったスペシャルインタビューの記事が配布されます。

新しい型も登場している貴重な販売会です。マルガレーテンヘーエ工房の器を魅力を堪能しに、ぜひ店頭へ足をお運びください。 マルガレーテンヘーエ工房の器

会期:2016年9月16(金)~10月16(日) 11:00~19:00

会場:LIVING MOTIF 1F

イベント:

▽HORO Kitchen 主宰・遠山夏未さんのスープと料理を、実際に器を使っておもてなし

日時:2016年10月1日(土) 11:30~ / 14:30~

定員:各回6名

会費:2000円(税込)

所要時間:約90分

申し込み方法:平日11:00~19:00に店頭または電話(03-5575-8429)にて

▽マルガレーテンヘーエ工房の石岡祥子さん在店

日時:2016年10月15日(土)、16日(日) 両日13:00~

Photo:L.A.TOMARI

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

25名のクリエイターがつくるイス展「The Chairs ver.14」開催
手仕事ファンの風物詩! 約60の作り手が直接販売「銀座・手仕事直売所」今年も開店
オランダのモダンデザイン展「リートフェルト/ ブルーナ/ ADO」展、新宿と大分で開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP