ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホラー映画マニア・藤原ヒロシが期待する新作

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜12時からの番組「SEASONS」のワンコーナー「JUN THE CULTURE」(ナビゲーター:藤原ヒロシ)。9月24日のオンエアでは、最近、藤原が気になっているというホラー映画の話題をお届けしました。

子どもの頃からホラー映画が好きだったという藤原。母親に連れられて数々のホラーを観てきたそうですが、ロンドンに行ったときに映画館で観た「死霊のはらわた」は、当時としてはとにかくよくできていて、怖くて面白い印象だったと言います。

この作品は、「スパイダーマン」シリーズでも知られるサム・ライミ監督の長編デビュー作であり、日本でもカルト的な人気を誇る一作です。

そんなサム・ライミ監督の新作ホラー「Don’t Breathe」が現在、アメリカで公開中とのこと。目の見えないシリアルキラーが超人的聴覚を用いて、自宅への侵入者を次々と殺していく…というストーリーだそうですが…

「これが期待できるなぁと思っているんですよね。最近、怖い映画を見ても怖いと感じたことがないので、僕の新たな恐怖の扉を開けてくれると嬉しいのですけど…」と藤原。日本ではまだ未公開ということで、果たして藤原のお眼鏡にかなうのか、一体どんな映画になっているのか、公開が待ち遠しいですね!

【関連サイト】
「JUN THE CULTURE」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/culture/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP