ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

揚げもみじ饅頭・水族館・カフェ…宮島おすすめスポット8選【広島】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

神が宿る島として様々な神話が残る広島県・宮島。この島には有名な厳島神社や、その参道に続くお土産店、美味しいグルメなど子どもから大人まで楽しめるスポットが点在しています。

今回は家族み~んなで楽しめる広島・宮島のオススメスポットをご紹介。自分で手焼きできちゃうもみじ饅頭のお店や、ちょっと変わった揚げもみじ饅頭、さらには一度食べれば虜になっちゃうジューシーな牡蠣屋さんなど、

必見のグルメスポットが満載です。もちろん子ども大人気の水族館も外せない!さあ天気の良い週末には、家族みんなで宮島へお散歩旅へでかけましょう。

1. 宮島水族館みやじマリン

瀬戸内海の海の生きものを身近に感じて、体験しよう。

宮島水族館のシンボル的な存在、スナメリの愛らしい姿を間近で観察。かつては宮島周辺でも見られていたそう

瀬戸内海を中心に350種1万3000点以上の生きものを展示。全国でも珍しいタチウオの展示では暗い海中で直立する様子が観察でき、多彩なパフォーマンスを繰り広げるアシカライブも見どころ。ペンギンやアザラシとふれあうことも。

広島を代表する海の風景であるカキいかだを再現。カタクチイワシなど瀬戸内海のお馴染みの魚も泳いでいる 宮島水族館みやじマリン

TEL/0829-44-2010

住所/廿日市市宮島町10-3

営業時間/9時~17時(最終入館16時)

定休日/施設整備・点検のため臨時休館あり

料金/入館料高校生以上1400円、小中学生700円、幼児(4歳以上)400円

アクセス/宮島桟橋より徒歩25分、嚴島神社出口より徒歩5分

「宮島水族館みやじマリン」の詳細はこちら

2. 紅葉堂弐番屋

宮島でしか食べられない! 揚げたての食感を楽しんで。

「揚げもみじ」は紅葉堂の登録商標。あんこ、クリーム、チーズの3種(180円)

1912年創業のもみじ饅頭の老舗・紅葉堂。「揚げもみじ」はもみじ饅頭に衣をつけて油で揚げたもので、発売から14年、宮島を訪れる多くの人から愛される名物。外はサクサク、中はフワフワの不思議食感をぜひ試してみて。 紅葉堂弐番屋

TEL/0829-44-1623

住所/廿日市市宮島町512-2

営業時間/9時30分~17時頃

定休日/不定

料金/揚げもみソフト480円

アクセス/宮島桟橋より徒歩7分

「紅葉堂弐番屋」の詳細はこちら

3. 天冨良 津久根島 宮島店

サクサク食感が堪らない有名店の天ぷらを宮島で。

まいたけ、えのきなど季節野菜が添えられた穴子天丼(18 0 0円)

広島市中心部で創業50年の有名天ぷら店「津久根島」の2号店として、宮島に今年1月オープン。高温で一気に揚げるサクサク食感の天ぷらが自慢。ボリューム満点の国産穴子の天ぷらに、季節ごとに配合を変えるという自家製タレが美味。 天冨良 津久根島(てんぷら つくねじま) 宮島店

TEL/0829-44-1205

住所/廿日市市宮島町北大西1167-3

営業時間/11時~17時

定休日/不定

料金/天丼1500円、単品えび600円、かき揚げ600円

アクセス/宮島桟橋より徒歩15分

「天冨良 津久根島 宮島店」の詳細はこちら

4. やまだ屋 宮島本店

楽しい思い出作りに、自分でもみじ饅頭を焼こう。

上手に焼くコツは、はじめに型をしっかり熱し、生地をしっかり流しいれること

手焼きもみじ饅頭体験

実習時間/平日:10時30分、13時、14時15分、15時30分

土日祝日:9時45分、11時、13時、14時15分、15時30分

(5歳以上から体験可能です)

受付/9時~17時30分※前日までに随時予約受付。当日は直接、宮島本店店頭へ

料金/756円(お土産付き)

休み/12/29~1/4

※予約状況により、開始時間、実施回数が変更となる場合があります

ふんわり生地が特徴の18種のもみじ饅頭やオリジナルの和菓子を揃えるもみじ饅頭店。手焼き体験は、生地を型に流し込んでこしあんとチョコ入りを各2個ずつ焼く。アツアツ出来立てを食べたり、包装して持ち帰ることもできる。

表参道商店街の入り口に位置し、広々とした店内。手焼き実演コーナーも やまだ屋 宮島本店

TEL/0829-44-0511

住所/廿日市市宮島町835-1

営業時間/8時~20時30分(季節により変更あり)

定休日/なし

料金/もみじ饅頭85円~

アクセス/宮島桟橋より徒歩5分

「やまだ屋 宮島本店」の詳細はこちら

5. 坂本菓子舗

今だけのお楽しみ! 季節限定もみじ饅頭を実食。

上は季節限定(9月下旬~12月)「もんぶらんもみじ」。国産栗の和栗クリーム入り(1個90円)、下は小豆さらしあん

表参道通りから町屋通りへの路地にある、創業60年のもみじ饅頭店。北海道小豆を使用し、自家製のさらしあんで、餡がやや白っぽいのが特徴。生地から手作りし、手間を惜しまない。冬は焼きいも、春は桜あんと限定のもみじ饅頭も人気。 坂本菓子舗

TEL/0829-44-0380

住所/廿日市市宮島町455

営業時間/9時~17時

定休日/不定

料金/2個箱入り200円、8個入り800円

アクセス/宮島桟橋より徒歩12分

「坂本菓子舗」の詳細はこちら

6. zakka ひぐらし

旅心をくすぐる雑貨たち選ぶ時間も贅沢なひと時。

(1)トリイボタン箸置き(540円)、(2)鹿や宮島全景を描いたオリジナルの手ぬぐいを使ったあずま袋(1800円で販売予定)、(3)オリジナル鹿箸置き(864円)

「蔵宿いろは」の一角にあるギフトショップ。店内には広島県内はもちろん、全国各地の作り手たちをスタッフが訪ね歩き、丹念に選んだ陶器、紙、布などから生まれる“暮らしの道具”が整然と並ぶ。長く愛せる自分のお気に入りを探してみては。 zakka ひぐらし

TEL/0829-44-0168

住所/廿日市市宮島町589-4蔵宿いろは1F

営業時間/10時~17時

定休日/なし

料金/オリジナル手ぬぐい2160円など

アクセス/宮島桟橋より徒歩5分

「zakka ひぐらし」の詳細はこちら

7. 宮島珈琲

ちょっと一息、足休め古民家を改装の素敵カフェ。

自家製のりんごとくるみのケーキとコーヒー(アイスorホット)のセット(800円)

築100年を超える商店を改装した店内。歴史ある空間で、ブラジルやコロンビアの豆をオリジナルでブレンドした、挽き立てコーヒーを飲みながら、ゆったりとした気分で旅の計画を立ててみては。コーヒーのテイクアウト(390円)も可。おさんぽのお供にも。 宮島珈琲

TEL/0829-44-0056

住所/廿日市市宮島町464-3

営業時間/9時~18時(土・祝日~19時)

定休日/不定

料金/ドリップバッグ(4個セット)500円

アクセス/宮島桟橋より徒歩10分

「宮島珈琲」の詳細はこちら

8. 牡蠣屋

一度食べればきっと虜に。ジューシーな絶品のカキ。

絶妙の焼き加減で職人が提供する、焼きがき(1個300円、4個1150円)

大きなちょうちんが目印で、1階は座敷席中心、2階は落ち着いた雰囲気の店内。牡蠣屋のカキは広島産でも最高級クラスといわれる地御前エリアのもの。鮮度抜群の大ぶりのカキと、ワインなどお好みのアルコールと共に粋に頂きたい。 牡蠣屋

TEL/0829-44-2747

住所/廿日市市宮島町539

営業時間/10時~牡蠣がなくなり次第終了

定休日/不定

料金/特選牡蠣屋定食2690円

アクセス/宮島桟橋より徒歩7分

「牡蠣屋」の詳細はこちら

交通/R広島駅より山陽本線宮島口駅まで25分、宮島口よりフェリーで10分

車/広島岩国道路大野ICまたは廿日市ICより10分

※宮島内の道路は道幅が狭く、駐車場が限られているため、車利用の場合は、宮島口桟橋周辺の有料駐車場の利用が便利。

※この記事は2016年8月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

秋ピクニックへGO♪一面ピンクが可愛い絶景コスモス畑23【九州】
【カフェ決定版・横浜編】 本当に行きたいおすすめカフェはココ!
【カフェ決定版・札幌編】 本当に行きたいおすすめカフェはココ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP