ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初!美麗映像4Kカメラ搭載の水中ドローン 持ち歩けるサイズ&リーズナブルな価格も魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドローンというと、空中を飛行するタイプを想像するかもしれないが、「CCROV」のような水中用ドローンも登場している。

・プロ仕様性能の水中ドローン、持ち歩けるサイズ!

「CCROV」はプロ仕様の性能と、リーズナブルな価格を同時に実現した水中ドローンで、4Kカメラ、6つのスラスター(推進力源)を搭載し、かつ高い操作性と安定性を誇るのが特徴。

ドローン本体のサイズは、縦208×横204×高さ130ミリメートル、総重量4.48キログラムほどで、実にコンパクト。容易に持ち歩くことができる。

・美麗な精細画像を撮影可能

既存の水中ドローンの多くはHDのカメラだが、「CCROV」ではHD(1280×720)、FHD(1920×1440、1920×1080)に加え、UHD=4K(3840×2160、2704×1524)の録画モードがあり、非常に精細で美しい動画や写真を撮影できるのが大きな魅力。

・高い操作性と安定性

また、ドローンには水平側に4つ、垂直側に2つ、計6つのスラスターを搭載。

安定した潜行を実現しつつ、前後、上下、左右方向のほか、一方側に傾けたり、回転するといった動きができるようになり、ユーザーの思うままにドローンを動かすことが可能になっている。

・水圧や侵食の心配もなし

ドローンの心臓部となる電子構造は、アルミニウム合金のコンパートメント内に配置。おかげで、高い水圧にも耐え得る。

また、軍隊レベルのシンタクチックフォーム(浮力材)が搭載されており、機体の安定性を高めるとともに、海水の浸食を防ぐ役割を果たす。最大100メートルの深さまで潜水させることが可能だ。

「CCROV」では、“Tether Deployment System (TDS)”というシステムが採用されており、いわばドローンがコードでつなげられた状態で動かす方式。コードの長さは20~100メートルで、どの長さであっても、操作性に問題はない。

バッテリーはロープが巻きつけられるTDS内に配置されていて、最大1時間の連続稼動が可能。取り外してチャージできる(フルチャージまで90分)。

・タブレットや専用コントローラーで操作

手持ちのスマートフォンやタブレットがモニター代わりとなり、画面を見ながら操作したり、さまざまな設定を調整したりできる。専用のコントローラーも用意されているようだ。

リアルタイムで返ってくる、水中のドローンからのフィードバックをライブビデオで確認しながら、カメラを起動したり、残バッテリーをチェックしたりできる。

・Indiegogoで出資を募集中

現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集中で、超早期予約価格はドローン本体、バッテリー、チャージャー、コードがついて、999ドル(約10万1400円)。一個人でも入手できる価格設定となっている。

CCROV

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP