ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

しんぶん赤旗 かつて昭和天皇批判の報道を連日続けていた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かつて苛烈な表現で天皇を批判していた共産党の機関紙「しんぶん赤旗」で、近年、穏やかな表現が目立つようになってきた。その背景に何があるのか。フリーライターの清水典之氏がレポートする。

 * * *
 天皇陛下をお迎えする新年の国会開会式に、今年、共産党議員が出席し、メディアで騒ぎになった。『しんぶん赤旗』の皇室報道を遡り、共産党がこれまで皇室に対し取ってきた態度を振り返れば当然の反応と言える。

 1975年7月17日、沖縄海洋博で訪沖した皇太子明仁親王(今上陛下)と同妃が、糸満市のひめゆりの塔などを慰霊で訪れた際、新左翼系過激派が火炎びんを投げつける事件が起きた。

 この「ひめゆりの塔事件」は、皇室に対するテロ事件であり、当時、マスコミはトップニュースで扱い、世論は大騒ぎになった。ところが、翌7月18日付「赤旗」の紙面に目をこらすと、「皇太子夫妻に火炎びん ひめゆりの塔付近で暴力集団」という見出しに180字ほどのベタ記事で事実を伝えるのみ。まるで些細な事件のような扱いだ。

 1987年10月24日には、皇太子明仁親王が沖縄を訪問され、沖縄平和記念堂で天皇陛下(昭和天皇)のお言葉を代読された。それを報じた赤旗の記事が、「戦争責任にふれず 天皇のことば、皇太子が代読 沖縄・摩文仁」(1987年10月25日付)だ。

〈最高の責任者として侵略戦争をひき起こしたうえ終戦の時期をおくらせて沖縄県民を国内唯一の地上戦の戦場に投げ入れ、戦後は、米国にメッセージを送って沖縄の長期占領支配を求めたみずからの責任にふれないものとなっています〉

 と激しく非難している。批判の対象は昭和天皇だとはいえ、皇太子が慰霊に訪れたことへの敬意の念が微塵も感じられない記事である。

 さらに、これが昭和天皇崩御の報道になると、紙面は激烈な言葉で埋めつくされる。1989年1月8日付の見出しには、「人権抑圧と侵略戦争を推進 天皇が死去」「天皇制は社会進歩に逆行 天皇の死去で識者が談話」「内容も運営も憲法じゅうりんする代替わり儀式」といった言葉が並んでいる。

 六面と七面の見開きでは、「1926年・1989年 戦前・戦後の天皇裕仁の63年」と題した大特集があり、「暗黒政治と侵略戦争の責任者」「対米従属の国家体制の『象徴』」といった見出しが並ぶ。

 昭和天皇批判の報道は連日続き、1989年1月10日付では一面で「天皇裕仁の死去と日本共産党の立場 宮本顕治議長に聞く 日本歴史上最大の惨禍もたらした人物」と題された記事が載り、宮本・日本共産党議長(当時)が〈日本歴史上最大の惨禍を日本国民にあたえた人物が、支配勢力のいわば最大の礼賛、哀悼のなかで世を終わるということの矛盾ですね〉と述べている。

 現在も共産党の日中戦争、太平洋戦争の認識は、《国を統治する全権限を天皇が握る専制政治(絶対主義的天皇制)がしかれ、(中略)この体制のもと、日本は、アジアで唯一の帝国主義国として、アジア諸国にたいする侵略と戦争の道を進んでいた》(党綱領)というもので、それに準じる形で赤旗もこれまで昭和天皇の戦争責任にたびたび言及してきた。

※SAPIO2016年10月号

【関連記事】
昭和天皇の思想形成、政治や戦争との関わりについて迫った書
皇太子殿下 天皇陛下の宮中祭祀取組みを引き継ぐ決意との声
摂政を務めていた昭和天皇 「若い摂政」と国民に大歓迎された

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP