ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

その食物繊維が便秘を招く!? 本当に便秘に効く食物繊維とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

便秘に食物繊維が良いというのは、もはや美容や健康の常識。芋などをあまり食べない現代人には食物繊維の摂取が足りないともいわれていて、わざわざサプリメントやドリンクで摂ろうという人もいるのでは。しかし、その食物繊維が便秘を悪化させるとしたら? 知っているようで知らない食物繊維のヒミツについて紹介します。

食物繊維は便秘によいけれど

便秘とは、腸の運動がうまくできなかったり、腸の中の水分が足りず便が腸に溜まってしまう状態。食物繊維は便のかさを増し、腸の蠕動(ぜんどう)運動を促してくれるため、便秘に良いとされています。ただし、便秘の種類と食物繊維の種類が合っていなければ逆効果になってしまうのです。

便秘が酷くなって苦しい……

食物繊維はほとんど消化されずに腸に達し、食物のカスがくっついて固まり、便が作られます。食物繊維を多く摂れば摂るほど便の量は増え、腸を刺激して排出しようとする運動が起こり、便通が良くなるのですが、慢性的に便秘の人は排出する量よりも溜まっていく量のほうが大きくなってしまうのです。その結果、便通が良くなるどころかお腹が張って苦しい、お腹が痛いのに便が出ないといったツラい症状が出てきます。これは腹筋が弱い、腸管が長い、排便を我慢するクセがある、腸の水分が足りないことが原因の便秘に起こりやすいため注意が必要です。

水溶性食物繊維って?

同じ食物繊維でも、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があるのをご存知ですか? その名の通り、水に溶けないのが不溶性食物繊維、水に溶けるのが水溶性食物繊維です。不溶性食物繊維は便のかさを増す役割をしますが、水溶性食物繊維は便に水分を与えるためやわらかくなり、腸の中をツルリと移動しやすくなります。また、腸内細菌に分解されやすく、腸内の善玉菌を増やす効果も期待できるのです。水溶性食物繊維が多いのは、海藻類やネバネバした野菜。ゴボウは不溶性食物繊維と水溶性食物繊維がバランスよく含まれているので便秘の味方です。果物ではアボカド、きのこならなめこ、穀物では大麦や薄力粉も水溶性食物繊維を豊富に含んでいます。納豆も食物繊維のバランスが良いのでおすすめ。プルプルしているこんにゃくには実は水溶性食物繊維はほとんど入っていません。ただしこんにゃくになる前のグルコマンナンには水溶性食物繊維がたっぷりなので便秘改善には効果があります。

便秘の人は食物繊維だからと飛びつかず、その種類をよく把握することが大切です。くれぐれも不溶性食物繊維の多い食品を食べ過ぎないように気をつけてくださいね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP