ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フリーゲーム『ヴァーレントゥーガ』派生作の英語版が配信

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月24日、リアルタイムストラテジー・フリーゲーム『ヴァーレントゥーガ』の派生作品である『きのこたけのこ戦争・IF』の英語版が配信開始された。


『きのこたけのこ戦争・IF』公式サイト
  

配信開始された英語版のプレイ画面

『ヴァーレントゥーガ』は、2013年末までのふりーむ!累計ダウンロードランキングにて「ヴァンガードプリンセス」「Ruina 廃都の物語」と並び最上位にランクインし、現在でもランキング7位に位置するシミュレーションゲームの大作。

プレイヤーは、物語の舞台となる大陸にいくつか存在する国家の中から1つ選び、大陸を制覇することが目的となる。ゲーム内容としては外交や人材の雇用、軍団編成などを行う戦略パート、そして編成した軍団で敵の大軍と戦う戦術パートに分かれており、二つのパートを上手く攻略していくことが重要となる。戦術パートでは、大勢のユニットを運用して敵を撃破していく他、強力な必殺技で形成を逆転することも可能となっている。

また本作は、ゲームとしてだけではなく、ユーザーが新しく派生作品を作ることの出来る「ゲーム制作ツール」としての側面も持っており、『きのこたけのこ戦争・IF』もユーザーによって制作された派生作品のひとつである。

『きのこたけのこ戦争・IF』はタイトルから想像できるように、某国民的お菓子の名前を模したキャラクターや武器が特徴となっている。ファンタジーの世界観が舞台となり、名前こそお菓子を模したものであるものの、実質は近代の銃兵器のような火器、そのうえ戦闘機や戦艦などが登場し、大軍による激戦が繰り広げられる。
 

 

 
本作は2015年1月に英語化のプロジェクトが発表されていた。ゲームとしては更新が完了した完成版となっているので、日本語版をプレイしたことがない人も、これを機に遊んでみてはいかがだろうか。

『きのこたけのこ戦争・IF』公式サイト

関連記事:

遊べるフリーゲームは全部で62作品!フリゲの投稿イベント「フリゲ展!2015春」が開催中。
スチームパンク風フリゲRPG『Pinocchio』。モノの声が聞こえる少年と、ロボットの女の子の物語。
今年のフリーゲームランキングは?「フリゲ2015」の結果がついに発表!

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP