ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ランチ仲間が見つかる!多感なティーンのためのスマホアプリ「Sit With Us」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

友達や仲間と一緒に過ごさず、独りで食事をとる“ぼっち飯”。

グループで行動する煩わしさから解放され、自由気ままに食べたり、飲んだりできることから、“ぼっち飯”を好む人もいるが、とりわけ、多感な10代の若者は、独りで食事することで疎外感や孤独感に苛まれたり、「他人から、友達がいないと思われるのではないか」と不安に感じたりしがちだという。

・スマホで“ランチ仲間”を探そう

米カリフォルニア州の高校に通う16歳のナタリー・ハンプトン(Natalie Hampton)さんも、以前通っていた学校で寂しい“ぼっち飯”を経験したひとり。

ナタリーさんは、以前の自分と同じ経験で苦しむ若者を救うべく、一緒に昼食を囲む仲間を探せるスマホアプリ「Sit With Us(シット・ウィズ・アス)」をリリースした。

Facebookまたは電子メールで登録したユーザーは、参加可能なランチグループを探したり、自らがランチグループを主催して他のユーザーに参加を呼びかけることが可能。

仲間が見つかったら、プライベートなチャットプラットフォームで、待ち合わせ場所や時間など、詳細を取り決める流れとなっている。

・たかが“ぼっち飯”、されど“ぼっち飯”

「Sit With Us」を活用することによって、ユーザーは、他人を目を気にしたり、孤独感に悩まされることもなく、安心して昼食をとることができるのはもちろん、新しい仲間や友人に出会えるのも利点。

「Sit With Us」は、“ぼっち飯”という、一見些細だが、実は深刻でデリケートな問題に着目し、その解決ツールを提供することで、より寛大で温かい学校づくりにつなげようとしている点が秀逸だ。

Sit With Us

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP