ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キャンピングスイーツの定番「スモア」を自宅で味わおう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

焼いたマシュマロをチョコと一緒にグラハムクラッカーで挟んだ、キャンプの定番スイーツといえば「スモア」。これなしではキャンプにならない、とまでアメリカやカナダでは言われるそうですが、結局のところ美味しければ自宅でつくってもいいワケで。

Give Me Some More!
あと引く美味さ=スモアの語源

アメリカやカナダで古くから親しまれてきたスモア、その発祥にガールスカウトがありました。1912年アメリカ人女性ジュリエット・ローが創設した「少女訓育団体」が資金調達のために販売したクッキーの中に、スモアがありました。

スモアは本来、串に刺したマシュマロをキャンプファイヤーの火であぶってつくるもの。当時は“some more”と呼ばれていたものが、だんだん短くなり現在のスモア(S’more)となったんだとか。

アメリカでは、毎夏「ナショナル・スモア・デー」があるくらい人々に親しまれているスイーツなんですよ。

「おうちdeスモア」
のつくり方

では、キャンプに行った気分になって自宅でつくってみましょう。

マシュマロを串に刺して火であぶり、焼き色がついたらチョコレートと一緒にグラハムクラッカーで挟みます。お好みでドライフルーツやナッツを挟めば、よりゴージャスな味わいに。ぜひ!

関連記事リンク(外部サイト)

「ティラミスまで!?」アッという間にスイーツになるマシュマロがすごい!
【レシピを見なくても作れる!】マシュマロを使った「スイーツ&おつまみ」
手作りスイーツのレベルがグッと上がる「牛乳マスカルポーネ」って?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP