ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「南伊豆からコンニチハ展」開催中、タラスキンボンカースによる工業製品 × 自然素材の世界観

DATE:
  • ガジェット通信を≫

工業製品 × 自然素材の独特な世界観

2016年9月7日(水)から11月7日(月)までの2ヶ月間、東京・六本木のSFT GALLERYにて、「南伊豆からコンニチハ展」が開催されています。

デザインユニット・TARASUKIN BONKERS(タラスキンボンカース)の作品展です。近藤拓也・北田啓之の両氏からなるタラスキンボンカースは、2007年から伊豆半島南端の南伊豆町でサマーハウスを改修しながらその地で暮らし始めました。南伊豆町での暮らしを通じて生み出した作品や、彼らの日常を彩るアイテムの数々を紹介してくれます。

都会では見過ごしてしまっていたモノ・コトに気づきを得て生み出す彼らの作品は、身近な工業製品と自然素材がミックスされた独特な世界観で、国内だけでなくパリの人気ライフスタイルショップ・merci(メルシー)で紹介されるなど海外からも注目を浴びています。

波止場に小舟をつなぐロープや畑作物を入れる網など、何の変哲もないモノたちが彼らの目にどう映るのか。その世界観を南伊豆の空気とともに感じ取ってみてください。

南伊豆からコンニチハ展

会期:2016年9月7日(水)~11月7日(月) 10:00~18:00(金曜日~20:00)

※火曜日定休(祝日又は休日に当たる場合は開館し翌日休館)

会場:SFT GALLERY/東京都港区六本木7-22-2 国立新美術館B1

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

オランダのモダンデザイン展「リートフェルト/ ブルーナ/ ADO」展、新宿と大分で開催
グッドデザイン大賞候補が集合!「みんなで選ぶグッドデザイン大賞展」
試作品や選定外になった日本未展開品を大放出! メトロクスのサンプルフェア

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP