体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オランダのモダンデザイン展「リートフェルト/ ブルーナ/ ADO」展、新宿と大分で開催

生活・趣味
moderndesign-of-netherlands_001 ADO 《ジャンピング・ジャック(あやつり人形)》 1925年頃

CODAミュージアム蔵

Copyright CODA / Gerhard Witteveen

リートフェルトの家具25点を展示

2016年9月17日(土)から11月23日(水・祝)まで、東京・新宿の東京オペラシティアートギャラリーにて、「オランダのモダン・デザイン リートフェルト/ ブルーナ/ ADO」が開催されています。

Gerrit Thomas Rietveld(ヘリット・トーマス・リートフェルト)、Dick Bruna(ディック・ブルーナ)といったオランダ出身のデザイナーの作品やオランダの国民的玩具・ADO社の製品などを通し、オランダのモダンデザインの魅力を探る企画展。

会場では作品や資料400点以上が展示され、オランダの近代デザイン文化を家具、グラフィック、玩具を通して知ることができます。

リートフェルトに関する展示では、初期の作品を中心に「レッド・ブルー・チェア」「ジグザグチェア」「ステルトマン・チェア」などの代表作を含む家具約25点、スケッチ・模型・図面など約30点を展示。ディック・ブルーナの作品は、絵本原画100点を含む約270点が展示されます。

日本ではこれまで紹介されてこなかったオランダを代表する玩具シリーズ「ADO」もその歴史とともに展示。デザイナーのコー・フェルズーの仕事にもスポットを当て、リートフェルトとブルーナのデザインをつなぐ存在として紐解きます。

3人のデザイナーたちの作品をみると、どれも基本的な要素で純粋な表現を目指しているという姿勢が共通しています。ぜひこの機会にシンプルに本質を表すオランダ・デザインに触れてみてはいかがでしょうか。

※本展は2016年12月2日(金)から2017年1月22日(日)まで大分県立美術館に巡回します。

moderndesign-of-netherlands_002 ADO 《ドール・ハウス》 1927年

CODAミュージアム蔵

Copyright CODA / Gerhard Witteveen

moderndesign-of-netherlands_003 ADO 《家具のトレーラー》 1953年
1 2次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会