ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

乃木坂46齋藤飛鳥が好きな名曲が渋すぎる…

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜朝6時の番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)。毎週、乃木坂46の齋藤飛鳥がハリー杉山から英語レッスンを受けるワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。9月24日のオンエアでは、月一恒例、「洋楽の歌詞から英語をもっと身近に感じよう」をテーマにレッスンしました!

ピックアップする曲は齋藤がセレクトするのですが、今回、選んだのは60年代後半から70年代にかけて活躍したロックバンド、Badfingerの「Carry On Till Tomorrow」。

「有名な曲ですけれども、かなり激シブなやつを出してきましたね…。なぜまた?」とハリー。確かにUKロック好きには知られたバンドですが、齋藤の年齢くらいで知っているのは珍しいかもしれません。

「ビートルズが好きでいろいろ調べてたら、このグループが“ビートルズの弟分的な存在”っていうのが出てきて、それから聴き始めて。このくらい落ち着いている曲調が、けっこう私は好きだなぁと思って」(齋藤)

さて、どんな歌詞の内容なのでしょうか? まずはタイトルの「Carry On Till Tomorrow」は直訳すると「明日まで続けていこう」ですが、邦題では「明日の風」と訳されています。ちなみに、“till”は“untill”(〜まで)を短くした単語。

齋藤がこの曲の気になる歌詞は、何度も繰り返し歌われる「for my life’s too short for waiting when I see the rising sun」という部分。これを日本語にすると…

“rising sun”=「朝日」。
“for my life’s too short for waiting”=「待っていたら短い人生は終わってしまう」

つまり、「人生は短いから、朝日が昇るのを待っていたら終わってしまう」といったところでしょうか。

「だから“毎日何が起きようと、後悔なくとにかく実行しよう、自分が思うことをやる”っていうことを自分に言い聞かせている曲かな」と歌詞全体のメッセージを解説したハリー。

そして、歌詞の中に「Carry on」というフレーズが何度も出てくるのですが、これは「継続は力なり」という意味で使われるフレーズだそうです。

サビでは何層もコーラスが入っていて、哀愁を帯びて心に染み入る名曲です。歌詞の意味を知って、改めて聴いた齋藤は「この曲調のおかげで、めちゃめちゃに暗い曲なのかなって思ってて…。でも歌詞を見ると全然!」と、これまでとは反対の印象を持ったようです。知ってみるものですね!

そしてハリーがこの曲の面白いと感じたところは、前半と後半の歌詞のフレーズの変化。前半では「when I see the rising sun(陽が昇るのを見ていると)」が後半では「when I see the “setting sun”(陽が沈むのを見ていると)」に微妙に変わっています。

そのまま受け取ると、“一日の始まりと終わり”ですが、曲としては人生のことを歌っているのではないか、つまり、「Carry On Till Tomorrow」は「明日も続けていこう」というよりも、「人生にモットーを持って、ずっと続けていこう。続けていればきっと結果は出るから」という思いがあるのでは? と解釈したハリー。

細かく歌詞をよく見ていくと、より深さを感じますね。名曲なのでぜひみなさんも、日本語に訳しつつ歌詞のメッセージを紐解いてみてください!

【関連サイト】
「POP OF THE WORLD」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP