ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Unity、新プラットフォームDaydreamにネイティブ対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゲームエンジンUnityは、グーグルが進めているVRの新プラットフォームDaydreamにネイティブ対応しました。

テクニカル・プレビュー版での実装


今回のネイティブサポートはテクニカル・プレビュー版での実装となります。ネイティブ対応により、UnityでDaydream向けのVRコンテンツが開発しやすくなります。SDKのインストールなど複雑な操作を行わずに、UnityのインターフェースにてDaydreamへの対応を自然に行うことができるようになりました。発表を行ったユニティ・テクノロジーズのブログによると、「重要な最適化と遅延の削減」を図ることができるとしています。

実装の手順

具体的には、以下の手順で実装可能です。

テクニカル・プレビュー版をダウンロード

1.Unity公式より、カスタム版のUnity EditorとDaydream用Androidランタイムをダウンロードし、インストーラーからインストールします。

2.Unityを起動し、プロジェクトを立ち上げます。

3.Editより、Project SettingsからAndroidを選択します(以下の図中の1)

4.「Virtual Reality Supported」にチェックを入れます。

5.直下の+マークより対応プラットフォーム(Daydream)を選択します。

6.(オプション)
Daydreamの横から、詳細なSDKの設定を変えることができます。

7.Player SettingsからAPIレベルを最新にものに設定します。

Daydreamとは

Daydreamは、グーグルが5月に発表したスマートフォン向けのVRプラットフォームです。既に展開しているCardboardと異なり、AndroidのOSレベルでハードウェアとソフトウェアがVR向けに最適化された“ハイエンド”なVR体験が可能になります。

対応するスマートフォンの製造に取り掛かっているメーカーには、サムスンやHTCなどAndroid搭載スマートフォンを開発している世界中のスマホメーカーが名を連ねています。対応するヘッドセットはグーグルが発売予定。2016年秋にリリースされる予定とされています。

グーグルは、10月4日に発表会を予定しており、Daydreamについての詳報が待たれます。

(参考)
Daydream Technical Preview Available Now - Unity公式ブログ(英語)

blogs.unity3d.com/2016/09/22/daydream-technical-preview-available-now/

Unity Adds Support For Google’s Daydream VR Platform – UploadVR

uploadvr.com/unity-adds-daydream-support/

※Mogura VRは米UploadVRとパートナーシップを結んでいます。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP