ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【PSVR】「Rezであって、Rezではない」『Rez Infinite』に新ステージArea Xが追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月13日発売予定のPlayStation VR(PSVR)対応ソフト『Rez Infinite』。本作はプレイヤーのアクションに音楽・映像がシンクロし、電脳空間と一体になれる感覚が特徴となっています。

今回は、本作に収録される新ステージ「Area X」を紹介します。本エリアに関するトレーラームービーは、9月20日に公開されています。

www.youtube.com/watch?v=KAPyCH4FlwU

本エリアは、「Rezであって、Rezではない」ものとされています。オリジナルの『Rez』と同様、Area Xは、たとえば“音を見る”、“色を聴く”といったような「ある知覚が別の知覚の引き金となる」という共感覚を誘発するため、シューティングゲームのシンプルなメカニクスを使い、再生可能な経験となるように設計されているとのこと。

そういった基本的な設計以外は、方程式的に作るよりもゼロから作り上げる方針で決めたそうです。制作を繰り返し、上手くいったものを残し、上手くいかなかったものを捨てる。かつてオリジナルの『Rez』と同じような開発方法とのことです。

『Rez Infinite』の目標は、オリジナルの『Rez』が提供できたような興奮を再び作り出すこと。それと同時に、プレイヤーには何か独特で新しい感覚を感じてほしいとのことです。

「Area X」で、具体的にどういった体験を楽しむことができるのか、Mogura VRでは体験レポートをお送りする予定です。

(参考)
Why the all-new Area X might be the most exciting level of Rez Infinite

blog.eu.playstation.com/2016/09/20/why-the-all-new-area-x-might-be-the-most-exciting-level-of-rez-infinite/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP