体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワルシャワ女子の御用達カフェ / ベーグルサンドが最高すぎる件

main-32

旅先でむかえる朝。まず最初に頭によぎるのは「今日は、どこへ行こう?」…その前に、まずはのんびり朝ごはんをいただきましょう。宿で朝食をとるだけでなく、時間があれば、現地人が集まるカフェへ行ってみるのも旅の醍醐味。ポーランドの首都ワルシャワで見つけた、ベーグルがとびきりおいしいカフェをご紹介します。

・ベーグルとポーランドの関係
むっちり食べ応えがあるうえ油不使用でヘルシーなベーグル。NYでの流行語、世界各地のベーカリーですっかりおなじみになりましたが、もとはユダヤ人が食べるパンでした。

「南ドイツ出身のユダヤ人が、ドイツパンのプレッツェルから発展させた」「17世紀後半、オーストリアのパン職人が乗馬好きなポーランド国王へ、あぶみ(Beugel)型のパンを贈ろうとして開発した」などベーグル誕生には諸説あります。どれが本当かは分かりませんが、いずれにせよ、ベーグルとポーランドは切っても切れない関係のようです。

shop2
warsaw
town1

・本場のベーグルで一日を始めましょう
ワルシャワ市内に2店舗ある「Bulke przez Bibulke Restaurant」は、とびきりおいしいベーグルサンドが自慢のカフェ。レンガの内壁や各テーブルに飾られた花瓶など、店内にあるもの一つひとつから品のよさが漂う空間です。

名物のベーグルサンドは「BAGEL&CO(ベーコン、オムレツ、トマト、クリームチーズ、葉野菜)」「SALMON BAGEL(スモークサーモン、トマト、バジル、レッドオニオン、クリームチーズ)」「HUMMBURAK(目玉焼き、フムス、カラメルビーンズ、サラダ、チーズ)」の全3種。どれもPLN13〜15(約340〜395円)ととてもお手頃。

shop
cafe1
cafe2
bacon
0

・ほかほかのうちに召し上がれ
サクッと焼かれた温かなベーグルは、かめばもっちり、粉の甘みもじんわり。どこかをかじるたびにあふれそうになるほど、たっぷりと挟まれた具……うう、しあわせ。

1 2次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会