ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平成ノブシコブシ吉村「スベらないカラオケ術」に感心

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜22時からの番組「AVALON」。9月22日オンエアは、木曜ナビゲーターで海外出張中の渡辺直美に変わって、平成ノブシコブシの吉村崇が「カラオケで失敗しない方法・盛り上げ術」をテーマにお送りしました。

オープニングは「直美! お前の留守は崇が守る!」と心強い一言でスタートしました。普段はピースの又吉直樹さん、千鳥の大悟さんとよくカラオケに行くそうですが…実は歌があまり得意ではないという吉村。脇を鳴らす芸は、カラオケでその場を盛り上げるために生まれたものだそうです。

そこで「カラオケで失敗しない方法・盛り上げ術」を教えてもらうために、今回は、カラオケ店で19年働き、店長も経験し、芸歴よりもカラオケ店で働いている年数の方が長いという、ダブルブッキングの黒田俊幸さん、さらにタンバリン芸人のゴンゾーさんが登場しました。

黒田さんには「これを歌えばスベらない曲 ベスト3」を紹介してもらいました。

第1位「女々しくて」(ゴールデンボンバー)
第2位「恋するフォーチュンクッキー」(AKB48)
第3位「Dragon Night」(SEKAI NO OWARI)

黒田:「Dragon Night」が嫌いな人はいないですね。この曲を聴くと、みんなジャンプします。「恋するフォーチュンクッキー」は、女の子も勝手に一緒に歌ってくれるんで、盛り上がっている感じが出ます。1位の「女々しくて」は、昨年、一昨年にカラオケでみんな歌ってましたね。
吉村:真面目にランキングを発表したね〜! 次の仕事につなげようとしてるね(笑)。

黒田さんによると、「女々しくて」が流れたときに、立って盛り上がってくれるかどうかで、女性のノリ具合が分かるそうです。

続いて、ゴンゾーさんにタンバリンを使った芸について教えてもらいました。ゴンゾーさんがタンバリンを始めたきっかけも、カラオケのあるお店で働いていたときに、場を盛り上げるために始めたのがウケて、持ちネタになったそうです。しかも、スーザン・ボイルをスターにした世界的なオーディション番組「Got Talent」のアジア版「Asia’s Got Talent」に出場したすごい人なのです。

そんなゴンゾーさんに、タンバリン叩き方のポイントを教えてもらいました。

・タンバリンは親指と人差し指と中指で持つ
・手に力を入れない。入れてしまうと音が濁る
・1、2、3、4、1、2、3、4…のリズムを身体に染み付ける
・顔を真顔にする(歌っている人をリスペクトするため。笑顔でいると歌っている人よりも目立ってしまうから)

以上のことをレクチャーしてもらった吉村は早速、タンバリンに挑戦! それを見た黒田さんは「3分間スベり倒したときの顔みたい」と言いたい放題。吉村は「なんでオッサンしかいないところでやらなきゃいけないの!」と愚痴を言っていました(笑)。この模様は「AVALON」の公式ツイッターで見られますので、ぜひチェックしてみてください!

スベらない選曲と、タンバリン芸、みなさんもカラオケで実践してみては!?

【関連サイト】
「AVALON」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP