ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食器洗いが楽しくなる♪NYの摩天楼を模ったキッチングッズがユニーク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ニューヨークの摩天楼をかたどったこの物体。

一見どんな用途があるのか、見当がつきませんよね…。

・その発想はなかった!

実は、洗った食器の水を切るディッシュラックなんです!

このシリコン製のディッシュラックは、デザイナーのLuca Nichettoさんがイタリアのインテリアブランド「セレッティ」のために作ったアイテム。

無機質になりがちなキッチンをオシャレに演出してくれる優れものです。

ビルのすき間にお皿を立てかけたり、コップを伏せて置いたりと、盲点をついた使い方がユニークですよね!

・ミニチュア模型がアイデアの源

もともとLucaさんがセレッティのオーナーのもとを訪れた際に、デスクに飾られていたマンハッタン島のミニチュア模型が目に入ったことからアイデアが浮かんだそう。

デスクに置けば、書類やステーショナリーの整理にもお役立ちです。

カラーはグレーとピンク、ブルーの3種類。

販売先のFancyでの価格は79ドル(約8000円)です。

ロンドンやパリなどいろんな国バージョンが登場するといいですね!

Fancy(Inception Dish Drainer / Desk Organizer)
https://fancy.com/things/1033013066096183841/Inception-Dish-Drainer-/

・デザイン(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP