ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イチゴ鼻の角栓を意外な食品で取る方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イチゴ鼻の角栓を意外な食品で取る方法

毎日ていねいに洗顔していても、気付いたら鼻の頭やアゴに黒いぶつぶつがいっぱい、なんてことありますよね? 角栓ができてしまうと、なかなか洗顔だけでは取れませんし、放っておくとさらに大きいぶつぶつに・・・。鼻パックや角栓取りシートなどを使う方法もありますが、ここでは自然の素材で角栓を取る方法をご紹介します。簡単に手に入る素材で、キレイなお肌を作りましょう。ただし、自然の素材と入っても、お肌の弱い方はまずパッチテストをしてみてくださいね。

“レモン”に角栓を溶かして取り除く効果が!

角栓は毛穴に皮脂や角質が詰まったものですが、レモンにこの角栓を取り除く効果があります。レモンの汁を絞ってコットンに含ませ、鼻の頭やアゴなど、角栓が気になるところに置きましょう。15分程度そのままにして、これを1日2回、繰り返します。レモン果汁として販売されているものを使ってもいいですが、自然のレモンを絞って使った方が安心です。

殺菌作用が強い“ハチミツ”で皮膚の細菌を撃退!

ハチミツは強い抗菌作用があるため、皮膚の表面に存在する感染症の原因となる細菌を殺菌することができます。皮膚が清潔に保たれるため、角栓が少しずつ目立たなくなる効果も。スプーン1杯分のハチミツをレンジで温め、肌に触れて気持ちいい温度にします。温めたハチミツをコットンに含ませ、角栓が気になるところにパッティングしましょう。ハチミツには100%ハチミツのものや、はちみつに砂糖が混ぜられているものもあります。もちろん効果が高いのは、100%ピュアなハチミツです。

“トマト”のリコピンが皮脂の分泌を正常化する

トマトの赤い成分リコピンは抗酸化力が高く、肌を整え皮脂の分泌を正常にする働きがあります。トマトを食べても効果はありますが、スライスしたトマトで、直接お肌をパッティングしても効果大です。トマトの切り口を肌にこすり付けて、トマトの汁が十分にお肌に染み込んだら、そのまま5分程度置いた後洗い流します。

自然の素材で角栓を取る方法をご紹介しました。角栓は、脂肪分が多い食事やストレスなどが原因です。角栓ができないように、生活習慣を見直し、お肌を清潔に保つ習慣を付けることも必要ですよ。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。