ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京都・太秦映画村で本気のコスプレ撮影できるぞぉぉ!コスプレイベント『COS-PATIO in 太秦上洛祭り2016』今年も開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月12日・13日に「京都 東映太秦映画村」で開催される歴史系イベント『太秦上洛まつり』と『COS-PATIO』によるコスプレイベント『COS-PATIO in 太秦上洛祭り2016』が今年も開催される。

【関連:花魁道中ごっこや寺田屋騒動ごっこできるぞ!太秦映画村で『COS-PATIO in 太秦上洛まつり』今年も開催!今年はナイトロケ可】

 和装・歴史創作系コスプレなら何でも参加可能なこのイベントは、11月12日には営業時間を延長し「ナイトロケーション」と称し東映屈指の映画撮影スタッフがプロの技術で夜の城下町を彩る。なお、東映太秦映画村で夜のコスプレ撮影が出来るのは年に一度のこのお祭りだけ。 さらに、各エリアではさまざまな時代や街並みが再現され、会場での衣装トラブル対応のためCOSPATIOスタッフが簡単な衣装の補修を手助けする「コスプレスキュー」も設置される。

▼エリア
・路面電車が配置された明治通り【明治・大正エリア】
・艶やかな空気漂う【吉原通り】
・楽市楽座を再現した【天正エリア】
・寺田屋・池田屋といった旅籠の並ぶ【幕末エリア】
・賑やかな祭飾りを施した【江戸エリア】


 開催時間は、12日が9:00~20:00(更衣室利用19:30まで)、13日が9:00~17:00(更衣室利用16:30まで)。入場チケットは入村料値上げのため昨年より200円増しとなり、大人・前売り券 3400円/当日券 3900円、高校生以下・前売り券 2400円/当日券 2900円。チケットには入場料・更衣室利用良、カメラ登録、コスプレ登録が含まれる。





関連記事リンク(外部サイト)

棟梁・達也の登場でボンビーガールSPを鉄腕ダッシュと勘違いする人続出 名言も連発した「神回」
The青春を150秒に濃縮した「ポカリガチダンス日本中で踊ってみた」が公開
SMAP25周年ベストアルバム収録曲のファンリクエストサイトが公開

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP