体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

円満な同居・近居のため努力している派は約6割。そのコツは?

円満な同居・近居のため努力している派は約6割。そのコツは?

同居・近居に関して、その実態を調査してきましたが、住まいは替えたいと思ってもすぐにはできないもの。多少嫌なことがあったとしても、生活を続けていかなければなりません。でも、どうせ親世帯と近くに住むのなら、関係性は良好に保ちたいですよね。今回は、どちらかの親と同居・近居をしている600人に、同居・近居をうまくしていくコツや、どんな努力をしているかなどを聞いてみました。なお、今回の調査では、近居は「車・電車で30分以内の範囲に住んでいる」ことと定義しています。

なんらかの努力・配慮をしている人が、全体の半数を超える結果に

まずは関係を円満に保つために、どの程度努力や配慮をしているかですが、「まあまあしている」が43.8%、「あまりしていない」が28.3%で続きました。「とてもしている」は12.7%で一番少ない結果に。【画像1】「とてもしている」「まあまあしている」の合計は半数を超えたが、「していない」派も意外と多い(SUUMOジャーナル編集部)

【画像1】「とてもしている」「まあまあしている」の合計は半数を超えたが、「していない」派も意外と多い(SUUMOジャーナル編集部)

「とてもしている」「まあまあしている」と回答した人は、どんな努力や配慮をしているのか聞いたところ、多かったのは、「父の日・母の日・お中元・お歳暮で感謝の気持ちを伝えている(近居・39歳・女性)」「親の誕生日、父の日、母の日にはプレゼントを贈っている(同居・58歳・男性)」といった、記念日などにプレゼントを贈るなどで感謝の気持ちを伝えること。

また、「頻繁に顔を出す、様子を見に行く(近居・54歳・男性)」「月に1回は外食へ。たまに旅行も一緒に行きます。イベントも必ず行います(近居・35歳・女性)」「週に一度一緒に食事をする(同居・49歳・女性)」など、顔を合わせる機会をあえてつくるという人も。

ほかには、「近づきすぎない、適度な距離感を保つ(近居・40歳・女性)」「干渉しすぎない(同居・38歳・女性)」「普段はあまり干渉しないようにしている。料理を多くつくったときは持っていく(同居・51歳・女性)」というように、「つかず離れず」な関係を保つようにしている人もいました。

「あまりしていない」「まったくしていない」という人が努力や配慮をしていない理由としては、「気を使わない関係性だから(近居・46歳・女性)」「自分の親なので、互いに気を使わない(同居・49歳・女性)」など、もともと関係性がよく、あえて気を使わない人が多かったです。同居・近居しているのが自分の親だからという理由もありました。

逆に、「もともと関係性がよくないので、必要以上に近寄らないようにしている(同居・53歳・女性)」「何をしても口出しされるので、余計な事はやらない、言わない(同居・52歳・女性)」といった人も多数いて、関係性がいいので努力・配慮をしない派と、関係性が悪く、あえて努力・配慮はしない派とに分かれました。

親世帯には「干渉しないで欲しい」「子ども(孫)の世話をもっとして欲しい」などの要望が

同居・近居している親世帯に対して、「もっとこうして欲しい」と思うことは、「まったくない」が37.8%でトップ。それから「あまりない」24.3%、「まあまあある」23.2%と続きました。「まったくない」がいい意味であれば理想ですが……これまでの流れを見ると、あきらめが入っている人もいる気がしますね。【画像2】「もっとこうして欲しい」と思うことは「まったくない」人が約4割も(SUUMOジャーナル編集部)

【画像2】「もっとこうして欲しい」と思うことは「まったくない」人が約4割も(SUUMOジャーナル編集部)

「こうして欲しい」と思う具体的な内容は、

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。