ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビジネスホテル 「ワンランク上」のハイクラス型へ進化中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ビジネスホテルとは宿泊に主体をおいた宿泊施設を指す。よく「○○イン」というネーミングのビジネスホテルを見かけるが、ビジネスホテルとは日本ならではの呼称で海外では「イン」と称されることがある。

 一方、「シティホテル」と言われてきた施設は、宿泊機能のほかにも料飲施設やスパ施設、ショッピングアーケードなどパブリックな機能なども有する本来の「ホテル」ともいえる。

 だが、近年このカテゴライズがクロスオーバーしつつある。機能的で清潔感も高いビジネスホテルは人気沸騰であるが、本来の特色であった「ローコスト」なタイプから、シティホテルを彷彿とさせる付加価値を打ち出す「ハイクラスタイプ」に注目が集まっている。伝統的なシティホテルが人気の宿泊主体型へ“鞍替え”するケースすら見られる。

 ハイクラスタイプの代表格が「リッチモンドホテルズ」。客室面積はローコストタイプが10~12平方メートルといった中、18平方メートル~が基本。ベッドからデスク、浴室やアメニティまでハイクラスが実感できるチェーンだ。

 また、天然温泉大浴場や露天風呂、サウナなど温浴設備が人気の「ドーミーイン」チェーンは、夜食の夜鳴き蕎麦を無料提供するなど付帯サービスが魅力で客室のクオリティも高い。

 一方、ローコストタイプの代表格が全国最大規模の「東横イン」だ。昨年来、ホテル需要の高まりによる料金高騰が話題となっているが、過度なレベニュー(料金変動)が見られるチェーンが増える中で、変動を最小限に抑え顧客から絶大な支持を受けたチェーンだ。

 朝食やミネラルウォーターの無料提供や、市価より安い自動販売機なども人気のひとつ。客室も贅沢な設えではないが機能性が高く、全国いずれも同一のクオリティという安心感も高い。

 ここにきてローコストタイプというイメージだったチェーンが、ハイクラスタイプを展開する動きが活発だ。

 たとえば「ホテルルートイン」。ロードサイドへの出店が主体のチェーンというイメージだったが、都市部・駅近への出店も加速し、最近では「ホテルルートイングランド」ブランドでワンランク上の施設を展開している。客室や設備、インテリアなどへの気遣いが光る。

 また、全国各地への出店を加速している「マイステイズ」チェーンも、従来の宿泊特化型に加え、「ホテルマイステイズプレミア」ブランドでハイクラスタイプを展開している。直近では10月1日に、「ホテルマイステイズ金沢」がプレミアを冠しリブランドオープンする。駅西口という好立地なうえ、金沢の伝統美をコンセプトに打ち出し、朝食にもご当地メニューを積極的に採り入れる。ジムやライブラリーも有する。

 ハイクラスタイプの特色として、地方の小規模チェーンや独立系のホテルに魅力的な施設が多いことがいえる。特に西日本でその傾向が顕著だ。

 たとえば九州で展開するのが、ハイクラスの先駆けともいえる「ホテルフォルツァ」。デザイン性の高さ、客室の調度品のクオリティなどワンランク上のステイを提案し絶大な人気を誇る。大分・長崎・博多(筑紫口)にある店舗に加え、2017年2月に「博多駅博多口」が開業する。

 ローコストタイプでも西日本はクオリティが高い。山口・広島・博多に出店する「ホテルアクティブ!」や、山陰地方を中心に展開する「グリーンホテルモーリス」など、ローコストにして徹底した利用者目線の貫き、付加価値を提案する姿勢に驚く。いずれも多店舗展開では難しい特色あるサービスやコンセプトを打ち出し、スピーディーに現場へ落とし込む。顧客からの要望などを取り込むスピーディーさもピカイチだ。

 ホテル選びのポイントは、立地や客室、付帯サービスなど様々あろうが、朝食でホテル選びをする方も多いことだろう。

 ビジネスホテルでは、東横イン、スーパーホテルといったローコストタイプが、宿泊者全員に無料朝食を提供(宿泊料金に含まれている)、ハイクラスタイプが有料朝食という逆転現象が特色といえる。ハイクラスタイプともなれば、オムレツの実演、ご当地メニューや食材の多用などシティホテルと遜色ない内容という施設すらある。

 客室や設備、朝食などシティホテルとビジネスホテルのクロスオーバーという現況を解説したが、ビジネスホテルとシティホテルで圧倒的な差異が「フルサービス」と「リミテッドサービス」だ。ドアマンやベルボーイ、コンシェルジュなど痒いところまで手が届くフルサービスと、基本的にはフロントのみで可能なサービス提供というリミテッドサービスは、受けるサービスで両者の違いを感じる瞬間だ。

 時間に追われた出張族にとって、手取り足取りのフルサービスは必要ないというゲストも多いことだろう。機能性重視のローコストもアリだが、時には客室や設備などシティホテルのデラックス感はほしいこともある。そんなリミテッドサービスのスピーディーさとデラックス感のいいとこ取りは、ハイクラスタイプが支持される一因であろう。

●文/瀧澤信秋(ホテル評論家)

【関連記事】
ビジネスホテルが一泊四千円でやっていける理由を記した書
出張サラリーマンのビジネスHキャッシュバックを会社問題視
コスパの高いビジネスホテル 評論家が勧める全国33施設紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP