ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アンガス牛の塊肉を使った「美ビジュアル肉」のサンド

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 熟成肉、赤身、塊肉といった近年の「肉ブーム」は新たな時代に突入。「良質の肉を手ごろに、かつ意外な食べ方で出す店が増えている」という月刊誌『東京カレンダー』などの元雑誌編集者で、現在は肉に特化したフードライターの小寺慶子さんが、最旬のキーワードとともに厳選イチオシ店を教えてくれた。

 肉好きから圧倒的な支持を集めるイタリアン『tratria 29(トラットリア ヴェンティノーヴェ)』が、昼はサンドイッチ専門店に。3種ある肉サンドの中でもこの『アンガス牛のステーキサンド』は味もボリュームも抜群。

 イタリアで修業を積んだオーナーの竹内悠介さんが奥様と開いた『tratria 29』。イタリア時代の友人でパンや菓子の分野に強い横内美恵さんを招いて、昨年からサンドイッチランチをスタート。『アンガス牛のステーキサンド』(1800円)は赤身がおいしいオーストラリア産のアンガス牛のランプ(150~180g)の塊肉をレアに焼き上げ、自家製パンに乗せた大迫力のオープンサンドだ。

 肉の旨みを引き立てる自家製ハーブソルトは、イタリア産の塩に10種類以上のハーブを乾燥させてブレンドしている。

【『3&1 Sandwich(トレエウーノサンドイッチ)』】
住所:杉並区西荻北2-2-17
営業時間:11時半~14時(LO13時半)
定休日:月曜(月2回火曜も)
※18~23時半(土日祝日17時半~/LO22時)はイタリアンレストラン『トラットリア29』を営業。

※女性セブン2016年9月29日・10月6日号

【関連記事】
備長炭で二度焼きした牧草牛の店 外国産牛の概念覆ると評判
川越達也シェフおせち 和洋料理とロールケーキで14800円
海原雄山の「牛肉なら未経産のメスがうまい」発言に同意の声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP