ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「衣ナシ」も可能! 女子必見のこだわり絶品カツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜11時30分からの番組「PARADISO」(ナビゲーター:板井麻衣子)のワンコーナー「TOKYO GOURMET MAP」。美食の街・東京を板井麻衣子が巡るこのコーナーですが、9月23日のオンエアでは、品川区五反田にあるトンカツ専門店「あげ福」を紹介しました。

この日、9月23日は「一粒万倍日」という“今年最も縁起のいい日”の一つ。そこで「あげ福」へ向かう前に、まずは密かに人気が高まっているというパワースポット「池田山公園」に立ち寄りました。五反田駅から徒歩15分ほど、閑静な住宅街にあるこの公園は、風水で見ると、富士山から皇居につながる“龍脈”が流れており、「富士山のパワーが得られる都内屈指のパワースポット」と言われているそう。

「歩いてみると高低差があり、緑が豊かで虫も鳥も鳴いていて、とても気持ちの良い空間です」とパワーをたっぷり取り込んだ板井。平日ということもあり、ゆったりとした散歩を楽しんだようです。これだけでも“良い一日”ですよね!

そして向かったのは、今回のメインである「あげ福」。“カツ(勝つ)”に“福”までついているなんて、名前からして縁起が良いです! 「あげ福」は肉好きなら誰もがその名を知っている「ヤザワミート」の系列店。お店で使っている豚肉は基本的には、岩手県のブランド「岩中豚」なのですが、他にも、その時々により一番おいしい豚を数量限定で提供されています。

また、店内はカウンター席とテーブル席があるのですが、お昼と夜では雰囲気が違うそうです。

「お昼は定食メインに召し上がっていただくスタイルでやっているんですけど、夜は雰囲気をガラッと変えまして、照明を落としたムーディーな感じで一品ずつ、トンカツやお酒のおつまみを召し上がっていただきながら、ゆっくりとした時間を過ごしていただくスタイルになっています」とお店の方。

今回は、特にオススメという一番人気メニュー、その名も「肉ミックス」をいただきました!

こちらは、チキンカツ、上ヒレ、和牛メンチという、鳥・豚・牛の3種類が一度に楽しめる豪華定食です。これをトリュフ塩、特製ジンジャーソース(生姜をすりおろした和風ベースのソース)、タルタルソースの3種類、そしてベーシックなトンカツソースでお好みに合わせていただきます。店員さんオススメの食べ方は、まず“上ヒレを塩トリュフで”。

さて、さっそく一口いただいた板井の感想は…。

「お塩がより豚肉の甘みを引き立ててくれる気がしますね。最後にフワッとトリュフのいい香りが鼻に抜けるのでさっぱり感じられるのと、驚くべきは軽く歯を当てただけでスッと噛み切れてしまうほどの柔らかさですね!」

聞いているだけでお腹が鳴りそうですね…。続いて和牛メンチをジンジャーソースでいただいた板井。

「噛んだ瞬間に肉汁が溢れ出てきました!(笑)」

この肉汁が「もったいない!」と、お客さんの中には一口でほおばる方もいるのだとか。その気持ちわかります! ただしヤケドに要注意ですね(笑)。

そしてチキンカツにオススメなのはタルタルソース。こちらに使用している部位はササミなのですが、丸一日、“門外不出の秘伝の液体”に漬けてあるそうです。そのため、板井いわく食感は、「モモ肉でもこんなにしっとりならないんじゃないかっていうくらい。ハムのような柔らかさ」なのだそう。

それぞれ衣や揚げる油、温度も変えているそうで、まさにこだわりにこだわりを重ねた絶品のカツがいただける「あげ福」。しかし、「行きたいけど揚げ物はカロリーが…」という方もいらっしゃるかもしれません。そんな方のために、お店では「衣を半分外す」「全部外す」といったリクエストにも応えてくれるそうです。衣がなかったら“カツ”ではなくなってしまうような気もしますが…(笑)。

いやいや、それだけ素材に自信があるということですよね! お肉好きの方はぜひ♪

【関連サイト】
「PARADISO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/paradiso/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP