ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

この秋、絶対に見たい!全国のおすすめ紅葉絶景20選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
この秋、絶対に見たい!全国のおすすめ紅葉絶景20選 東福寺

乾いた秋風と共に、北の大地からやってくる紅葉。そんな紅葉をじっくり楽しめる絶景スポットを全国各地から20か所ご紹介します。

日本一紅葉が早いといわれる北海道の紅葉名所や、原生林の紅葉を静かに映す湖、周囲の山々の紅葉を見渡せるダムの吊り橋など是非訪れたいスポットばかり。

見ごろをしっかりチェックしたら家族や友人、カップルでお出かけしたいものです。最高の絶景を眺めて、特別な秋の思い出を作ってみてはいかがですか?

1.大雪山(銀泉台)【北海道上川町】

日本一早いと言われる紅葉名所にハイキング。

大雪山(銀泉台)1

始まりは北の大地から。燃えるような山肌が秋の到来を告げる。

大雪山(銀泉台)2

例年の見頃:9月中旬~下旬

旭岳を筆頭に標高2000m級の山からなる大雪山。特に赤岳登山口・銀泉台は紅葉の名所として知られ、40分ほど歩くと見晴らし抜群の展望台へ。 大雪山(だいせつざん)(銀泉台)

TEL/01658-2-4058(上川町産業経済課商工観光グループ)

住所/北海道上川郡上川町字層雲峡

アクセス/電車:JR上川駅より道北バス層雲峡・上川線で30分、層雲峡BTより大雪山赤岳登山バスに乗り換え銀泉台まで1時間5分 車:旭川紋別道上川層雲峡ICより銀泉台まで1時間(9月11日~22日はマイカー規制あり、大雪レイクサイト臨時駐車場よりシャトルバス(片道500円)に乗り換え銀泉台まで35分)

駐車場/大雪レイクサイト700台(1台200円)

「大雪山(銀泉台)」の詳細はこちら

2.奥入瀬渓流【青森県十和田市】

例年の見頃:10月中旬~下旬

奥入瀬渓流

渓流散策の足を休め、秋の息吹を深呼吸…。体も錦き ん繍し ゅうに染まりゆく。

奥入瀬渓流

せせらぎが耳に心地いい黄金色のブナ林を訪ねて。

十和田湖から流れ出る渓流沿いに約14㎞の散策路が通り、大小の滝を眺めて散策できる。「奥入瀬渓流エコロードフェスタ」の10月29日・30日はマイカー規制を行い渓流沿いをシャトルバスが運行。 奥入瀬(おいらせ)渓流

TEL/0176-24-3006((一社)十和田市観光協会)

住所/青森県十和田市奥瀬字栃久保

アクセス/電車:JR八戸駅よりJRバス東北おいらせ号で1時間30分、焼山より徒歩すぐ 車:東北道十和田ICより1時間

駐車場/子ノ口付近約50台、焼山付近約350台

「奥入瀬渓流」の詳細はこちら

3.第一只見川橋梁ビューポイント【福島県三島町】

紅葉の美しさが日本屈指というローカル線の雄姿が一望。

第一只見川橋梁ビューポイント1

紅葉トンネルを駆ける列車は動く展望室。山里の秋が迫り来る。

第一只見川橋梁ビューポイント2

例年の見頃:10月中旬~11月中旬

沿線の紅葉の美しさで名高く、例年秋にSLなどの特別列車も運行するJR只見線。列車から楽しめる他、「道の駅 尾瀬街道みしま宿」近くの展望地では紅葉と列車が一望できる。 第一只見川橋梁(ただみがわきょうりょう)ビューポイント

TEL/0241-48-5000(三島町観光協会)

住所/福島県大沼郡三島町大字川井字天屋原610「道の駅 尾瀬街道みしま宿」付近

アクセス/電車:JR会津宮下駅より徒歩40分(タクシーなし) 車:磐越道会津坂下ICより20分

駐車場/道の駅 尾瀬街道みしま宿50台

「第一只見川橋梁ビューポイント」の詳細はこちら

4.磐梯吾妻スカイライン【福島県福島市】

沿道の吾妻八景に目を奪われる爽快な紅葉狩りドライブへ。

磐梯吾妻スカイライン

例年の見頃:10月中旬~下旬

全長約29㎞の天空の観光道路。絵の具を散らしたような極彩色の森が吾妻小富士の斜面に広がる「天狗の庭」をはじめ、作家・井上靖が「吾妻八景」と名付けた景勝地が点在。 磐梯吾妻(ばんだいあづま)スカイライン

TEL/024-531-6428(福島市観光案内所(西口))

住所/福島県福島市町庭坂字高湯~土湯温泉町字鷲倉山

営業時間/7時~17時

定休日/11月中旬~4月上旬

料金/通行無料

アクセス/東北道福島西ICより浄土平まで1時間

駐車場/浄土平270台(乗用車1回410円)

「磐梯吾妻スカイライン」の詳細はこちら

5.湯ノ湖【栃木県日光市】

硫黄が香る奥日光湯元で原生林を映す静かな湖。

湯ノ湖

例年の見頃:10月上旬~中旬

三方を山に囲まれた静かな湖に、秋色に染まる原生林が映り込む。周囲約3㎞の湖畔の遊歩道を散策する他、湖を水源とする湯滝を経て戦場ヶ原へ向かうのもおすすめだ。 湯ノ湖(ゆのこ)

TEL/0288-22-1525(日光市観光協会)

住所/栃木県日光市湯元

アクセス/電車:JR日光駅より東武バス湯元温泉行きで1時間15分、湖畔前より徒歩すぐ 車:日光宇都宮道路清滝ICより50分

駐車場/湯元温泉街に数カ所あり

「湯ノ湖」の詳細はこちら

6.ドラゴンドラ【新潟県湯沢町】

変化に富む美景が迫る日本最長のロープウェイ。

ドラゴンドラ

例年の見頃:10月中旬~下旬

澄んだ清津川上空を越えて紺碧の二居湖を見下ろし、雄大な山並みも一望!約5.5㎞にわたる道中は見どころが満載。10月29日・30日は催しも。 ドラゴンドラ

TEL/025-789-4117(苗場スキー場)

住所/新潟県南魚沼郡湯沢町三国202

営業時間/2016年10月8日~11月6日の9時~16時(上り最終15時)

定休日/期間中なし

料金/乗車料往復2400円(小学生以下は半額)

アクセス/電車:上越新幹線越後湯沢駅より南越後観光バス苗場プリンスホテル行きで40分、バスターミナルシュネーより無料シャトルバスに乗り換えドラゴンドラ山麓駅まで5分 車:関越道湯沢ICより30分

駐車場/3800台

「ドラゴンドラ」の詳細はこちら

7.河口湖畔【山梨県富士河口湖町】

日中も夜景も美しい秋限定の富士景色。

河口湖畔

例年の見頃:10月下旬~11月中旬

湖畔大石地区の約150mのモミジ並木「紅葉トンネル」では紅葉越しに富士山が望める。約60本が色付く北岸「もみじ回廊」は11月1日~23日(予定)ライトアップ。 河口湖畔(かわぐちこはん)

TEL/0555-72-3168(富士河口湖町観光課)

住所/山梨県南都留郡富士河口湖町

アクセス/電車:富士急行線河口湖駅より河口湖周遊バスで25分、久保田一竹美術館より徒歩すぐ(もみじ回廊) 車:中央道河口湖ICより10分

駐車場/紅葉まつり期間は臨時駐車場200台

「河口湖畔」の詳細はこちら

8.鏡池【長野県長野市】

高原の奥に隠れた池が錦秋の戸隠連峰を映し出す。

鏡池

例年の見頃:10月上旬~中旬

戸隠高原の奥地、標高約1150mに位置。風のない早朝、鏡のような水面に戸隠連峰が映り込むさまが見事。紅葉が見頃を迎える10月15日にはトレッキングイベントが開催される。 鏡池(かがみいけ)

TEL/026‐254‐2888(戸隠観光情報センター)

住所/長野県長野市戸隠

アクセス/電車:JR長野駅よりアルピコ交通バス戸隠キャンプ場行きで1時間、戸隠森林植物園より徒歩40分 車:上信越道信濃町ICより30分(紅葉シーズンの土日祝はマイカー規制、戸隠スキー場よりシャトルバスに乗り換え20分)

駐車場/50台

「鏡池」の詳細はこちら

9.寸又峡 夢の吊橋【静岡県川根本町】

青緑色の湖に架かる橋から山里の秋化粧を見渡す。

寸又峡 夢の吊橋

例年の見頃:11月上旬~下旬

ダム湖に架かる長さ約90mの吊橋。赤や黄のグラデーションを描く周囲の山々に加え、エメラルドグリーンに輝く湖水も彩りを添える。10月29日には寸又峡にてもみじ祭りを開催。 寸又峡(すまたきょう) 夢の吊橋

TEL/0547-59-2746(川根本町まちづくり観光協会)

住所/静岡県榛原郡川根本町寸又峡

アクセス/電車:大井川鐵道本線千頭駅より大井川鐵道バス寸又峡温泉行きで40分、終点より徒歩30分 車:新東名島田金谷ICより1時間40分

駐車場/寸又峡温泉街に計約300台(1日500円)

「寸又峡 夢の吊橋」の詳細はこちら

10.香嵐渓【愛知県豊田市】

小高い山や渓流沿いに約4000本の紅葉が燃える。

香嵐渓

妖よう艶えんさを放つ紅葉に抱かれて、秋の夜長を過ごしたい。

香嵐渓

例年の見頃:11月中旬~下旬

標高254mの飯盛山に佇む香積寺への参道や、山裾を流れる巴川沿いなど一帯が真っ赤に染まる。11月のもみじまつりでは「竹灯り」の演出やライトアップ、出店などで大賑わい。 香嵐渓(こうらんけい)

TEL/0565-62-1272(足助観光協会)

住所/愛知県豊田市足助町飯盛

アクセス/電車:名鉄豊田線浄水駅よりとよたおいでんバス百年草行きで55分、香嵐渓より徒歩3分 車:東海環状道豊田勘八ICより20分

駐車場/約1600台(1回1000円)

「香嵐渓」の詳細はこちら

11.乗鞍岳(岐阜県側)【岐阜県高山市】

岐阜・長野両県にまたがる雄大な山岳の秋景色は圧巻。


例年の見頃:9月下旬~10月上旬

乗鞍岳の紅葉を愛でるなら、まずバスで乗鞍スカイラインへ。進むほど木々が色付き、道中の望岳台や終着地・畳平の眺めも素晴らしい。 乗鞍岳(のりくらだけ)(岐阜県側)

TEL/0577-78-2345(飛騨乗鞍観光協会)

住所/岐阜県高山市丹生川町久手(ほおのき平駐車場)

アクセス/電車:JR高山駅より濃飛バス平湯・新穂高線で43分、ほおのき平より乗鞍線シャトルバスに乗り換え乗鞍(畳平)まで45分 車:中部縦貫道高山ICより50分、ほおのき平駐車場より乗鞍線シャトルバスに乗り換え乗鞍(畳平)まで45分

駐車場/ほおのき平1500台

「乗鞍岳」の詳細はこちら

12.黒部峡谷トロッコ電車【富山県黒部市】

色鮮やかなV字峡谷をめぐる全長約80分のトロッコ旅。

黒部峡谷トロッコ電車

例年の見頃:10月下旬~11月中旬

大自然が残された険しい渓谷も、トロッコに乗れば楽々と観賞できる。特に猫又駅~鐘釣駅間は一面が鮮やかに染まることから、錦繍関と呼ばれる峡谷随一の景勝地だ。 黒部峡谷(くろべきょうこく)トロッコ電車

TEL/0765-62-1011

住所/富山県黒部市宇奈月町黒部

営業時間/2016年は4月20日~11月30日運行、宇奈月駅発7時32分~15時40分(11月16日~は宇奈月駅発7時57分~14時56分)

定休日/期間中なし

料金/片道運賃(宇奈月駅~欅平駅)1710円

アクセス/北陸道黒部ICより宇奈月駅まで20分

駐車場/宇奈月駅約350台(1日900円)

「黒部峡谷トロッコ電車」の詳細はこちら

13.刈込池【福井県大野市】

黄金色の林の先に現れる神秘的な池を目指す。

刈込池

例年の見頃:10月下旬~11月上旬

ブナやミズナラの原生林が茂る幅ヶ平にある周囲約400mの池。水面には背景にそびえる白山連峰の三ノ峰と湖畔の樹木がくっきり。駐車場と池を結ぶ林道の紅葉も美しい。 刈込池(かりこみいけ)

TEL/0779-66-1111(大野市商工観光振興課)

住所/福井県大野市上打波

アクセス/電車:JR越前大野駅よりタクシーで1時間、上小池駐車場より徒歩50分 車:北陸道福井ICより1時間40分、上小池駐車場より徒歩50分

駐車場/上小池約30台

「刈込池」の詳細はこちら

14.総本山長谷寺【奈良県桜井市】

飛鳥時代から続く名刹で五重塔と紅葉が美を競う。

総本山長谷寺

例年の見頃:11月上旬~12月上旬

山腹の断崖に鎮座する国宝の本堂をはじめ、美しい建築が点在する境内が朱色に染まる。本堂の外舞台から見渡す五重塔と眼下一面の紅葉は、とりわけ見応えがある。 総本山長谷寺(はせでら)

TEL/0744-47-7001

住所/奈良県桜井市初瀬731-1

営業時間/10月~3月は9時~16時30分

定休日/なし

料金/入山料500円

アクセス/電車:近鉄大阪線長谷寺駅より徒歩15分 車:名阪国道針ICより20分

駐車場/70台(1回500円)

「総本山長谷寺」の詳細はこちら

15.東福寺【京都府京都市】

「東福寺三名橋」から、真紅の海を愛でる。

東福寺1

ほの暗い橋廊に佇む。カエデの雲海がひと際、目に眩しい。

東福寺2

例年の見頃:11月中旬~下旬

葉先が3つに分かれた通称・通天モミジなど、約2000本の紅葉が境内を埋め尽くす。境内を流れる三ノ橋川の渓谷に架かる、木造橋廊の通天橋と偃月橋、臥雲橋からの眺めに酔いしれたい。 東福寺(とうふくじ)

TEL/075-561-0087

住所/京都府京都市東山区本町15-778

営業時間/紅葉シーズンは8時30分~16時受付

定休日/なし

料金/拝観料(通天橋・開山堂)400円

アクセス/電車:JR東福寺駅より徒歩10分 車:名神京都南ICより13分

駐車場/紅葉シーズンは閉鎖

「東福寺」の詳細はこちら

16.嵐山通船【京都府京都市】

平安貴族も楽しんだ嵐山の舟遊びを体験。

嵐山通船

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

渡月橋近くから屋形船に乗り、大堰川に迫る赤や黄に染まる山を眺めつつ約1㎞上流まで往復遊覧。渡月橋付近では近隣社寺の船が浮かぶ「嵐山もみじ祭」を11月13日に開催。 嵐山通船(あらしやまつうせん)

TEL/075-861-0302

住所/京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町

営業時間/9時~16時30分(変動あり)

定休日/荒天時

料金/遊覧船乗船料(30分)貸切2人まで1船3500円~、乗合(繁忙時のみ)1人1100円

アクセス/電車:京福嵐山線嵐山駅より徒歩10分 車:名神京都南ICより30分

駐車場/10台

「嵐山通船」の詳細はこちら

17.山科 毘沙門堂門跡【京都府京都市】

参道の散紅葉を愛でつつ晩秋の山寺へと参拝。

山科 毘沙門堂門跡1

晩秋の参道に佇み、散り際までもが美しい紅葉に魅せられる。

山科 毘沙門堂門跡2

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

境内の池を中心にした回遊式庭園・晩翠園にモミジやドウダンツツジが色付く。見頃の終盤、檜皮葺の勅使門の軒下から、眼下の参道を染める散紅葉と山科盆地を見渡すのも風情がある。 山科 毘沙門堂門跡(やましなびしゃもんどうもんぜき)

TEL/075-581-0328

住所/京都府京都市山科区安朱稲荷山町18

営業時間/8時30分~17時(冬期は変更)

定休日/なし

料金/拝観料500円

アクセス/電車:JR山科駅より徒歩20分 車:名神京都東ICより5分

駐車場/20台

「山科 毘沙門堂門跡」の詳細はこちら

18.三段峡【広島県安芸太田町】

秘境の趣を残す大峡谷を徒歩や渡舟でめぐる。

三段峡

紅葉の影を揺らして、山水画のごとき渓谷を渡舟でゆく。

三段峡

例年の見頃:10月下旬~11月下旬

全長約16㎞もの峡谷には色付く原生林をぬうように遊歩道が敷かれ、大小の滝も待ち受ける。切り立つ岩壁の間を渡舟で進む黒淵の紅葉も必見。 三段峡(さんだんきょう)

TEL/0826-28-1800(安芸太田町観光協会)

住所/広島県山県郡安芸太田町柴木

アクセス/電車:広電2号線紙屋町西駅前の広島バスセンターより広電バス高速三段峡線で1時間15分、三段峡正面口より徒歩すぐ 車:中国道戸河内ICより三段峡正面口まで15分

駐車場/三段峡正面口入口500台(1日400円)

「三段峡」の詳細はこちら

19.大歩危・小歩危峡【徳島県三好市】

吉野川の流れが生み出した断崖が温かな色に包まれる。

大歩危・小歩危峡

例年の見頃:11月中旬~下旬

荒々しい岩壁が続く吉野川の峡谷も、木々が色とりどりにめかし込む秋は優しい景観に。渓谷に架かる橋や「道の駅大歩危」の展望台から見る他、遊覧船に揺られて渓谷美を楽しむこともできる。 大歩危(おおぼけ)・小歩危峡(こぼけきょう)

TEL/0120-404-344(三好市観光案内所)

住所/徳島県三好市山城町重実~上名

アクセス/電車:JR大歩危駅または小歩危駅より各地へ 電車:徳島道井川池田ICより35分

駐車場/各施設にあり

「大歩危・小歩危峡」の詳細はこちら

20.御船山楽園【佐賀県武雄市】

約15万坪の由緒ある庭園で幻想的な夜の紅葉狩りを。

御船山楽園

例年の見頃:11月中旬~下旬

第28代武雄領主が3年をかけて完成させた約15万坪もの池泉回遊式庭園。標高約210mの御船山を背景に、茶店や売店も佇む園内をめぐって紅葉狩りができる。日本最大級という規模の紅葉ライトアップも見事。 御船山(みふねやま)楽園

TEL/0954-23-3131(御船山観光ホテル)

住所/佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100

営業時間/11月1日~12月4日の8時~17時・17時~22時(17時で入場入れ替え)

定休日/期間中なし

料金/入園料未定(昨年は昼の部・夜の部各大人600円、小学生300円)

アクセス/電車:JR武雄温泉駅よりタクシーで5分 車:長崎道武雄北方ICより12分

駐車場/150台

「御船山楽園」の詳細はこちら

※この記事は2016年8月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

秋ピクニックへGO♪一面ピンクが可愛い絶景コスモス畑23【九州】
わざわざ行きたい!今大注目の道の駅【関東・東北】
【カフェ決定版・広島市編】 本当に行きたいおすすめカフェはココ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。