ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

巨匠ペドロ・アルモドバルが描く、運命に翻弄された“母”と“娘”の感動の物語「ジュリエッタ」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

julieta_mainスペインを代表する巨匠、ペドロ・アルモドバル監督の最新作『ジュリエッタ』が、11月5日(土)より新宿ピカデリー他にて全国公開。 『ジュリエッタ』は、深い哀しみに引き裂かれた母娘のミステリアスな物語で、“女性賛歌3部作”と呼ばれるアルモドバル監督の代表作『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー』『ボルベール〈帰郷〉』にも通じる“運命”と“親子”のテーマを追求するとともに、シンプルかつ深みのある語り口であらゆる世代の胸を打つ、最高傑作とも呼び声高い作品だ。2016年度カンヌ国際映画祭コンペティション部門へ出品された他、来年2月に開催される第89回アカデミー賞外国語映画賞部門のスペイン代表作品にも選出されており、もし受賞となれば『オール・アバウト・マイ・マザー』以来2度目、同部門の設立以後スペイン人としては初の、そして現在存命の監督の中では唯一の快挙となる。
主人公ジュリエッタ役にアルモドバル監督はふたりの女優を初めて起用。スペインのベテラン女優エマ・スアレスが“現在”のジュリエッタを演じ、NHKで放送されたTVドラマ「情熱のシーラ」で脚光を浴びた新進女優アドリアーナ・ウガルテが“過去”を演じている。監督は「ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、マリサ・パレデス、セシリア・ロスといった私の女神たちと肩を並べる存在になった」とふたりを絶賛。原作はカナダのノーベル賞作家アリス・マンローが2004年に発表した『ジュリエット(Runaway)』。ジュリエットという女性を主人公とする三つの連作短篇「チャンス」「すぐに」「沈黙」をアルモドバル監督がひと続きの物語として脚本化した。

ジュリエッタ_メイン
ジュリエッタ_サブD
ジュリエッタ_サブE
<STORY>
スペインのマドリードでひとりで暮らしているジュリエッタは、自分を心から愛してくれている恋人ロレンソにも打ち明けていない苦悩を内に秘めていた。ある日、ジュリエッタは偶然再会した知人から「あなたの娘を見かけたわ」と告げられ、めまいを覚えるほどの衝撃を受ける。12年前、ひとり娘のアンティアは理由も語らずに、突然姿を消してしまったのだ。ジュリエッタはそれ以来、娘には一度も会っていない。忘れかけていた娘への想いがよみがえる。ジュリエッタは、心の奥底に封印していた過去と向き合い、今どこにいるのかもわからない娘に宛てた手紙を書き始めるのだった……。

POSTER 入稿
監督・脚本:ペドロ・アルモドバル
出演:エマ・スアレス  アドリアーナ・ウガルテ 「情熱のシーラ」
原作:アリス・マンロー『ジュリエット(Runaway)』(新潮クレスト・ブックス)
2016年/スペイン/99分/アメリカンビスタ/原題:Julieta/字幕翻訳:松浦美奈
配給:ブロードメディア・スタジオ
後援:スペイン大使館、セルバンテス文化センター東京
www.julieta.jp  (C)El Deseo

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。