ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC Vive用ゲーム『Raw Data』発売月に100万ドルの売上達成

DATE:
  • ガジェット通信を≫

数多くのVRゲームを開発するロサンゼルスベースのスタートアップ企業”Survios”が、『Raw Data』の発売月の7月に100万ドル(約1億円)の売上を達成していたことを明らかにしました。

100万ドルのマイルストーンを達成

Raw Data』はHTC Vive向けに7月14日にリリースされたVRアクションゲームです。HTC Viveの特徴であるルームスケールでのトラッキング機能を最大限に活用しており、GDCやE3などでも注目を集めていました。

その結果、『Raw Data』7月3週目のSteam内売上ランキングで1位を獲得しました。さらにSurviosは同作の発売月の7月において、100万ドル(約1億円)の売上げを計上するという快挙を成し遂げました。

『Raw Data』は、定価39.99ドル(3,980円)。発売直後は20%引きのセールを行っていましたが、100万ドルの売上ということは、最低でも初月で25,000回以上購入されていることになります。

関連: HTC Vive向けVRアクション『Raw Data』公開初日にSteamの売上1位に

アーリーアクセストレーラー

www.youtube.com/watch?v=8phhKZn4DuM

また、Raw Dataはリリースから数週間おきに10のアップデートが行われる予定でしたが、今回のヒットにより計画が変更され、さらに多くの更新が計画されているとのこと。

Surviosの共同創設者兼チーフクリエイターのJames Iliff氏は、「今回の売り上げのデータは始まりを表しているに過ぎません。これは業界規模の拡大を意味していると共に、それを実現してくれた顧客に対し、さらに豊かで深い体験を提供していかなくてはならないことを示しています。」のように述べています。

さらなるVR市場の成長の兆しとなるか

James Iliff氏が語ったように、今回の数値は一タイトルのヒットを示すだけでなくVR市場の拡大も意味しており、多くのVR開発者の意気を後押しするものとなりました。

The Gallery』などのVRコンテンツの制作を手掛けるCloudheadのCEOであるDenny Unger氏は、「人々はクオリティの高い体験に対し喜んで支払うようになったということです。」のように述べており、人々のVRに対する意識的な敷居が下がってきたとしています。

Cloudhead – 『The Gallery』

Surviosは売上を元に、今後さらに高品質なプロジェクトを推し進めていくとしています。コンテンツの質の向上が市場の成長を促し、さらにコンテンツのクオリティを高めるサイクルをいかにうまく形成していけるかが、VR業界の今後を決める大きなファクターとなるでしょう。

(参考)
‘Raw Data’ and ‘The Gallery’ Developers on How They Each Made $1 Million Selling VR Games(英語)
uploadvr.com/raw-data-the-gallery/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP