ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

泣け、昭和世代! 成分の半分(以上)は優しさでできている。洋食食堂「ますや」【四条烏丸】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昭和生まれ昭和育ち、昭和そうなヤツはだいたい友達。メシ通レポーターのナガオヨウコです。本日のレポは、昭和48年から続く京都の洋食食堂「ますや」です。

地下鉄四条駅なら5番出口から徒歩8分。

地下鉄五条駅からも近いです。1番出口から徒歩10分。

烏丸通りと松原通りの交差点を東へ。

京都の方なら「高倉通り松原上ル」で通じますでしょうか。

一方通行×一方通行の小さな交差点近くにある「ますや」。

昭和48年の創業時からまったく改装していないそうで、懐かしいたたずまい。

このあたりだけ時間が止まってます。

オムライスは単品でなんと486円です。

ガラスケースも、料理サンプルも43年前のまま。

昭和生まれのみなさま、懐かしさのあまり泣いてしまってもかまいませんよ。

店内はカウンター7席のみ。カメラを思い切り引いてなるべく全景をとらえてみましたが、これが限界。見たまんまです。

店内のメニュー表の本体は、43年前の開店当時のものです。

現在はさすがに価格は変更してありますが、当時はカレーライス250円だったそう。現在は486円。※こちらのメニュー表は税別です。

この安さで、ほぼ100%手作り

「ますや」の一番のポイントは、ほぼ手作りということ。ハンバーグも、デミグラスソースも、海老フライも、だし巻きも手作りです。

料理の半分、いや8割は優しさでできている、といっても過言ではありません。

手作りでないのは、足の早いタルタルソース、ハム、お漬け物くらいです。

お店を切り盛りしているのは60代の大将と奥さまのお二人。写真NGということでご登場いただけませんでしたが、大将も奥さまも穏やかで優しい方。

「料理には人柄が出る」と言われますが、まさにその通りだと言えます。

メニューの豊富さも、大将の「お客さんに喜んでほしい」という真心のあらわれ。写真のメニュー以外に、フライものの単品もありますよ。

そして、とっても安い値段で提供されています。

「洋食=憧れ」であった昭和時代に「洋食を気軽に食べてほしい」とスタートしたポリシーが、今でも生きてるのです。

ただし、大将は「安っ!!」と言われるのがお嫌いだそうです。「ほめられるなら、安さではなく味の方がうれしい」とおっしゃっているので、美味しいと感じたならぜひお声かけしてください。

▲ランチB(756円)

一番人気のメニューをお出しいただきました。懐かしい銀アルミ皿で登場です。いただきまーす!

海老フライ/ハンバーグ/ポークピカタ/スパゲティナポリタン/ハム/マカロニサラダ/キャベツの千切りサラダ/うさぎリンゴが付きます。

手ごねハンバーグはちょい固めで、お肉の美味しさがぎゅっ〜と感じられます。何でもかんでも「ふわふわがエライ」と思っている現代人は、これを食べてさっきまでの自分を反省してください。

ポークピカタも、もちろん手作り。 じゅわ〜。

優しい、優しいよ! 美味しいよ!!

海老フライは、約13cmとしっかりでかい。

衣よりも中身が多い海老フライ。食べかけですみません。

しっぽ付近まで海老が詰まっていました。またしても食べかけですみません。

でもどーしてもこのうれしさを伝えたかったの。

わたくし常々「死ぬ間際に食べたいものは、鯖寿司」と言っています。

しかし、死に際にこのBランチを目の前にしたら「どれから食べよう、ハンバーグはデミグラスソースまですべてさらえて、あっ、残ってる海老フライを最後まで食べないと」とか言いながら生きながらえてしまいそう。

全メニュー持ち帰り可

「ますや」では、全メニューがテイクアウトOKです。一日に訪れるお客さんのうち、なんと7割が持ち帰り派だそう。

▲オムライス弁当(594円)

オムライス/コロッケ/マカロニサラダ/だし巻き/ハム/キャベツの千切りサラダ/しば漬け。店内でも食べることができますが、お弁当バージョンのみソーセージとだし巻きがプラスで付きます。下に隠れて見えにくいのですが、ソーセージさんいらっしゃいます。

調理風景はこんな感じでした。オムライスは注文を受けてから作ります。ガンガンの炎で焼く玉子に、程よい濃さのケチャップライス。

カウンターごしに、手際の良い調理風景を眺めることができます。

ハイ、きれい〜♡

▲ランチA(648円)

ハンバーグ/白身魚(マダラ)フライ/スパゲティナポリタン/ハム/キャベツの千切りサラダ千切り/マカロニサラダ/しば漬け/お弁当のみ、だしまき付き!

おかずのひとつひとつが「きちんと」なんです。それも、高級感とか華やかさではないの。誠実なのは当たり前、という正しい洋食なのです。

白ご飯もほど良く米粒が立っていて、これまた真っ当な美味しさ。寿司職人だったお父さまにきっちり仕込まれたおかげで、お米の研ぎ方、炊き方には相当な神経を注いでいるそう。

お持ち帰りも大歓迎。訪問してから注文すると待ち時間が発生しますので、予約の電話を入れておくといいでしょう。予約受付は営業日の朝7時頃~18時、電話にてどうぞ。

お昼は近隣の会社員で混み合います。

時間に余裕があるなら12~13時頃を避けるとゆっくりできると思います。

お店情報

ますや

住所:京都府京都市下京区高倉通松原上ル杉屋町265

電話番号:075-351-3045

営業時間:11:00~18:30、11:00~17:00(土曜日)

定休日:日曜日・祝日

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:ナガオヨウコ

ライター歴22年、京都在住のフリーライター。食、手芸、子育て、京都関連の雑誌や書籍、webに執筆中。10年間続けている自然農業の畑では、20~30種の野菜やハーブ、花を栽培。 ブログ:しましま畑でつかまえて

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

バターポテトが練り物に!? 老舗店が生み出す絶品!【奈良】
古くから学生に親しまれてきた新潟市「らーめん亭にしやま」の絶品チャーシューメン!
100年続くレトロ食堂 アツアツとろ~りな名物皿に泣け!【篠田屋】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP