ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

9月は生落花生の季節!「殻ごと塩茹で」がビールのおつまみに最高です。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この時期、居酒屋のお通しで出ることもある「生落花生の塩茹で」。落花生(ピーナッツ)と聞けば乾いているイメージだけれど、新鮮な生のものを殻ごと塩で茹でると、ほやほやにふやけて柔らかくなります。

殻が指で簡単に破けて、豆の食感が濃厚。香りもよく、ほのかな甘みと塩っけがビールに最高に合います。つくりかたは名前のとおり簡単。

目安としては、生落花生1キロに対し、水1リットル、塩大さじ4杯(約60グラム)ほど入れて、好みに合わせて30〜40分くらい茹でるだけ。やけどしないように注意し、水をかけてひとつ食べてみましょう。食感が確かめられるので、固い場合はもう少し。

新鮮な生の落花生が手に入るのは8月末〜9月頃までと言われています。ネットで注文できるお店もあるのでチェックしてみて。鮮度が大切なので、届いたらその日のうちに調理しましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

いつもの「枝豆」に飽きたら、ビール片手にこの最強アレンジを!
家飲みにぴったり。ワインによく合う「じゃがいもの茹でつぶし」
「ビール」でごはんを炊いたら絶品だった。(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP