体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もう遅刻しない!今度こそ早起きできる方法と、習慣化させるコツ

早起きが苦手な人はいませんか? 成功した経営者や優秀なビジネスパーソンには、早起きを習慣にしている人が大勢います。早起きするだけで仕事ができるようになるわけではありませんが、誰にも邪魔されない早朝に起きて運動したり、頭がスッキリしているうちに重要な仕事を片付けてしまうなど、朝の時間を有効に活用しています。

では、朝が苦手な人が早起きの習慣を身につけるには、どうすれば良いのでしょうか?今回は、早起きを無理なく習慣化させるコツについてご紹介します。

f:id:tany_tanimoto:20160830164114j:plain

著名なビジネスマンは早起きが多い

著名な経営者の中には、早起きで有名な人がたくさんいます。

例えば、米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、オフィスに一番早く来て一番遅く帰ることで知られていますが、彼の起床は午前4時半。起きてすぐ部下にメールを送り、午前5時にはジムで汗を流しています。

スターバックスのCEO、ハワード・シュルツCEOの起床も午前4時半。午前6時には出社しています。

日本では、経営コンサルタントでビジネス・ブレークスルー社長の大前研一氏が朝5時起床で有名です。大前氏は普段、午前0時から1時に寝て5時に起きる生活をしており、大学受験が「4当5落」(睡眠時間が4時間なら受かって5時間だと落ちる)といわれていた高校時代から続いているそうです。

ほかにもこんな経営者たちが早起きを実行しています。 インドラ・ヌーイ(ペプシコCEO)午前4時 ロバート・アイガー(ウォルト・ディズニー・カンパニーCEO)午前4時半 マーク・パーカー(ナイキCEO)午前5時 玉塚元一(ローソン会長)午前5時半

●早起きが仕事面に与えるメリット

・バランスの良い朝食をゆっくり食べて、脳を活性化できる

脳のエネルギー源はブドウ糖(炭水化物)。早起きして時間があれば、ごはんやパンなどの炭水化物を中心にバランスの良い食事を取ることができ、脳にエネルギーを補給してあげられます。また、食事を取ると内臓が活発に働き、体全体が活動を開始します。その結果、ギリギリまで寝ていて朝食を取らずに出社した人とは、スタートダッシュで大きな差をつけられるでしょう。

・早朝は脳の疲労が少なく、集中力を発揮できる

起床直後は頭がボーッとするのではと思う人もいるかもしれませんが、早朝は脳が疲れていない上、電話やメールなどに悩まされることもないため、一日の中で最も集中力が高く、クリエイティブな発想が生まれやすい状態と言われます。そのため、思考力が必要なタスクは朝に持ってくると良いでしょう。

・時間に余裕があるのでストレスがたまりにくい

出勤までの時間に余裕がないとバタバタしてストレスを感じたり、ラッシュ時の満員電車にイライラしがちです。ラッシュの時間を外して早朝出勤すると、そうしたストレスから解放されます。

・勤務後の自由時間が増える

早起きして早朝出社する代わりに、終業時間を早くすることでプライベートな自由時間を多く確保できます。早い時間に退社すると、レストランやスーパーなどいろいろなお店が開いていて、立ち寄ることもできます。また、趣味の時間に充てたり、友人との交流や家族団らんの時間を持つことができるので、ストレスが発散できて、明日の仕事への活力につながります。

早起きするために、やめるべきこと

早起きのためには早寝が必要です。早起きは意志の力でできますが、早寝はそういうわけにはいきません。早起きを習慣化して長く続けるためには、同時に早寝も習慣化し、十分な睡眠時間を確保することが重要です。なぜなら、早起きを優先させて無理に続けても、睡眠不足では集中力や忍耐力、やる気がなくなり、仕事に悪影響を及ぼすからです。

そこで、よりスムーズな「早起き=早寝」の習慣を身につけるために、今日から「やめるべきこと」をご紹介します。

●寝る直前にテレビを見たり、スマホやPCを使用しない

床に就いてからしばらくスマホでお気に入りのWebサイトを見たり、TwitterやInstagramをしたり、動画を見るという人もいるのではないでしょうか。SNSや動画によって脳が刺激されて興奮し、寝付きにくくなります。テレビやPCも同様です。寝る直前に見ると、目から入った光が交感神経を活性化させるので、入眠が妨げられます。

●寝る直前の食事、カフェイン、アルコールを避ける

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy