体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

REIJIN、過去最多の参加数でアルバム「麗人REIJIN Season2 “Festa”」発売記念コンサートを開催

REIJIN、過去最多の参加数でアルバム「麗人REIJIN Season2 “Festa”」発売記念コンサートを開催

元宝塚歌劇団男役トップスターたちによるカバーアルバム企画の最新作として、8月24日にリリースされたCDアルバム「麗人REIJIN Season2 “Festa”」。その発売を記念して、9月21日~24日の4日間にわたり、過去最多の出演メンバー数、歴代トップスター15名が参加して開催される豪華コンサートの初日公演が、9月21日赤坂ACTシアターで開催された。

コンサート初日に参加した麗人は、汀 夏子、峰さを理、高汐 巴、剣 幸、杜けあき、稔 幸、真琴つばさ、姿月あさと、彩輝なお、貴城けい、大和悠河の豪華11名。第50期生の汀から81期生の大和まで、30年の歴史を刻むレジェンドが集まり、夢の競演が実現した(汀、峰、真琴、大和はコンサート初参加)。

「麗人REIJIN Season2 “Festa”」は、総勢17名が参加する初の2枚組CDアルバムとしてリリースされ、“Festa”というタイトルの通り、夏にぴったりの名曲の数々が、今回は邦楽/洋楽を問わず計17曲収録されている。コンサートも9月21日~24日の4日間、赤坂ACTシアターにて、参加メンバーも公演数もスケールアップした“REIJIN祭り”として開催されているが、本日の初日公演には、待ちわびたファン約1,200名が全国から詰めかけた。

これまでのREIJINシリーズは、元宝塚歌劇団の男役トップスターたちがJ-POP/歌謡曲の男唄をカバーするという、かつてない組合せによるコンピレーション・アルバムとして企画され、コンサートも日本のスタンダード曲を中心に構成されてきたが、今回は、1曲目の「べサメ・ムーチョ」(貴城けい)からいきなり4名のダンサーが登場。その後も、第1部の「エル・クンバンチェロ」(大和悠河)、「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」(稔 幸)等では華麗なダンスもまじえ、「グラナダ」(姿月あさと)、「ヴァーモス・ア・バイラール」(杜けあき)他、宝塚のレビューさながらに往年の洋楽ヒットナンバーが披露され、会場を盛り上げた。

休憩をはさんでの第2部は、恒例となったデュエット・コーナーでスタート。稔 幸、真琴つばさの同期コンビによるピンク・レディー風の「どうにもとまらない」(オリジナル:山本リンダ)で幕を開けると場内は大歓声。「ウナセラディ東京」では、トップスター時代に相手役として共演した名コンビ、剣 幸とこだま愛のペアが復活し、ファンからの歓喜にこたえていた。

第2部後半は、真琴つばさ「サムライ」、峰さを理「愛のフィナーレ」などのCD収録曲を中心に、杜けあき「涙そうそう」、汀 夏子「太陽は燃えている」などの、このコンサートのために用意されたナンバーも披露。最後は、宝塚で歌い継がれるシャンソンの名曲「幸せを売る男」を全員で歌唱して、約2時間半の“フェスタ”は幕を閉じた。

9月24日まで毎日開催されるこのコンサートは、2日目以降も見どころが満載。まず、出産後初のステージとなる春野寿美礼が22日(昼)と24日に登場し、10月5日にリリースする新曲「黄昏に傷ついて」を歌唱。22日に出演した涼風真世も、9月7日にリリースした20年ぶりのオリジナルアルバムより、新曲「空だけはそこにある」を初披露した。

歴史に残る名コンビの復活としては、高汐巴と若葉ひろみ、杜けあきと紫とも、涼風真世と麻乃佳世、春野寿美礼と大鳥れいを予定。さらには、宝塚ファンに人気の「ヴァーモス・ア・バイラール」は、9月21日に歌唱した初演の杜けあきから、真琴つばさ(22日)、姿月あさと(23日)と日替わりで披露。最終の24日には、3人そろってこの曲を歌う、夢のコラボレーションが実現する。さらに、9月24日の昼公演として追加された特別イベント「もうひとつのREIJIN ~トーク&ライブ~」では、時間の制約でコンサート本編ではお届けできなかった曲や、メンバー間でのトークをたっぷり楽しめる。11月にリリースする真琴つばさの新曲もいち早く披露される。

榛名由梨コメント
私にとって、最上級生OGとして「麗人Season2 “Festa”」に参加し、しかも記念コンサートに出演させていただき、こんなに幸せな機会を頂きまして感謝の言葉しかありません。この度は貴城けいさん、そして春野寿美礼さんとデュエットで唄うのも、とっても楽しみにしています!乞う御期待!

杜けあきコメント
男性シンガーの歌にこだわりを持って、最初のアルバム『麗人-REIJIN-』から参加させていただきました。“麗人”の名の通り、男役を経験した我々にしか描けない世界をお魅せしたいです。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。