ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小宮山雄飛(ホフディラン)福岡晃子(チャットモンチー)らがマネージャーを語る、映画『スーパーメンチ』公開記念で座談会を開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『スーパーメンチ -時代をプロデュースした男!-』の公開記念企画として、TOPアーティストたちによる試写座談会「BAR スーパーメンチ」を実施し、そのスペシャルページが公開された。

本作は米テキサス州・オースティンで開催されるサウス・バイ・サウスウェスト映画祭(SXSW FILM)の24 Beats Per Second部門正式出品作であり、70年代ハリウッドのミュージックシーンを牽引した伝説のプロデューサー、シェップ・ゴードンのあまりにも破天荒な半生を描いたドキュメンタリー映画。

© 2013 NoMoneyFun Films Inc. and A&E Television Networks LLC. All Rights Reserved.
この度、公開記念企画として、ミュージシャンのホフディラン・小宮山雄飛とチャットモンチー・福岡晃子、お笑い芸人のパップコーン・芦沢ムネト、ギター・マガジン編集長の尾藤雅哉の4人を迎えて、作品を観賞しながら、映画の観どころやシェップ・ゴードンの仰天マネジメントについて、さらには自身のプロデュースやマネージャーとの関係等、ざっくばらんに語り合ってもらう座談会を実施した。

いずれも日本の音楽業界に精通した参加者ということもあり、終始音楽に関するエピソードで盛り上がる座談会となったが、本作が、伝説のプロデューサー、シェップ・ゴードンのドキュメンタリーということもあり、破天荒なプロデュース論や、アーティストのマネジメントについて話題が膨らんだ。

小宮山は、「(この映画って)音楽関係の話っていうイメージが強いかもしれないけど、実は音楽の話よりも、もっと人生の話というか、この人の生き方が面白いわけで、音楽関係の人はもちろんだけど、色んな人がヒントになる話がつまってるわけですよ。」と映画の魅力を力説しつつ、過去ホフディランのウェブページで実施した“ある仕掛け”についても、この場で初めて披露した。

作中のシェップ・ゴードンとアリス・クーパーのエピソードを受け、福岡は、「うちは本当にチームで考えるバンドだと思います。」と、チャットモンチーにおけるアーティストとマネージャーの関係に言及。お笑い芸人の芦沢からは、「基本的にお笑い芸人の場合、ネタは自分達で作りますし、特にアドバイスとかはないかもしれませんね。音楽とは大分違いを感じます。」と、音楽業界とお笑い業界におけるマネージャーという存在の違いについて語った。

必見の本座談会の詳細は、スペシャルページにて公開中。公開後も第二弾、第三弾の動画がアップされる予定。また、9月24日には、新宿シネマカリテの初回上映後、小林克也、マーティ・フリードマンが登壇する初日公開記念トークイベントが開催される。

BAR スーパーメンチ」シェップ・ゴードン&自身のマネージャーを語る
TOPアーティストたちのエンタメ座談会スペシャルページ:

http://www.supermensch.jp/bar/

映画情報
『スーパーメンチ –時代をプロデュースした男!-』
9月24日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
監督:マイク・マイヤーズ 
製作:ベス・アーラ 
編集:ジョセフ・クリングス 
音楽:ジョン・フーリハン / ウィラ・ユーデル
共同編集:ブラッドフォード・コールマン 
共同製作:ステフ・チン アン=カリン・エデルブロック・フォッグ
配給:ピクチャーズデプト 
提供:ソニー・ミュージックエンタテインメント
新宿シネマカリテ公式チケット予約サイト:http://www.musashino-ticket.jp/qualite/schedule/

© 2013 NoMoneyFun Films Inc. and A&E Television Networks LLC. All Rights Reserved. 

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP