ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨大作品を部員全員で作りあげる! 開成学園折り紙研究部とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京都にある開成学園には「折り紙研究部」という珍しい部活がある。

 

普段は、個人で折り紙の技術を高めているが、一年に一度、文化祭の時期には、部員みんなで巨大な折り紙作品を作りあげるのだとか!

 

9月の文化祭に向けて、夏休みには3日間の合宿を決行するという。そこで早速、合宿中の折り紙研究部をたずねてみることに。

 

 

 

4m超えの紙で作る巨大折り紙!

 

“巨大作品”といっても、そもそもどれくらいのものなんだろう? 1年生で部長の笠島歩くんに聞いてみた。

 

 

「文化祭での巨大作品展示は10年ほど前からやっていて、毎年、2m超えのものを作っているんですよ。今年は、高さ1m、横幅2mほどのワシを作ります。僕たちは、『1枚の紙を折って作らなきゃ折り研じゃない!』と思っているので、パーツを作って張り合わせることはしないんです。だから、完成形のサイズから逆算すると、今年は4m30cm四方の紙を折り畳んでいかないといけないんですよ! でも、そんな巨大な紙は売ってないので、模造紙サイズのものを24枚分張り合わせて、大きな正方形を作るところから始めます」

 

 

2m超えの折り紙なんてすごい! 教室に並べられた紙は、床をほぼ埋めつくすほどの大きさ!

 

「鳥の毛羽立った感じを出すために、紙はあえて繊維が見えているものを選びました。紙が厚すぎると、折り重なっていくときにかたくて折れなくなってしまうし、薄すぎると破れてしまうので、ちょうどいい紙を選ぶのもけっこう難しいんですよ」(高2・高橋佑太郎くん)

 

そんなこだわりの紙を張り合わせていく作業は、時間をかけて慎重に進んでいく。

 

 

「ビニールテープで紙と紙を張り合わせるのですが、隙間ができたり、しわが寄ってしまうと、ピシっと折れなくて完成したときにキレイに見えないんです。あと、ビニールテープが重なりすぎて厚みができてしまうと折りにくいので、そこも計算して張っていますね」(高2・井上良樹くん)

 

紙を張り合わせる作業だけで3時間が経過。ようやく4m超えの巨大正方形ができあがり、いよいよこれから折る作業に入るかと思いきや…!?

 

 

「ここからは、まず“折り目”をつけていきます。普通サイズの紙で一度ワシを折って広げたものがあるので、この折り目を参考にしながら巨大な紙に筋をつけていくんですよ。今年、僕らが挑戦しているワシは220工程あるので、全部の折り目をつけるために、折って筋をつけて、また広げて…という作業を延々とくり返します。これだけで半日以上かかりますね」(高橋くん)

 

考えただけで気が遠くなる…。でも、この“折り目”をつける作業が、折り紙を折るうえで一番重要なのだそう。

 

「ここでつけた折り目を目印にして折っていくので、1mmでもズレると、完成したときに左右対称にならなかったり、うまく立たなかったりするんですよ。それに、一度折り目をつけると消えないので、何度もやり直すと正しい線がどれかわからなくなって、失敗のもとになるので気が抜けません」(高2・吉川晴矢くん)

 

 

部長の笠島くんを中心に、26名の部員がみんなで協力して紙を持ち上げて折り目をつけていく。「こっち押さえてるからひっぱって」「まだ折り目はつけないで!」と声を掛け合い、息を合わせて集中しながら作業が進む。

 

 

「紙が大きくて重いので、みんなで動きをそろえないと破れてしまうんです。ゆっくり立ったり座ったりをくり返すので、足も腰もかなり痛くなりますね。それに、毎日何時間も紙を折っていると、皮膚が薄くなってくるんですよ。そのせいで、熱いものが持てなかったり、指紋がなくなる人もいます。あと、折り目は爪でつけるので、爪が割れることもあって…。地味に大変なことが多いんですよ」(吉川くん)

 

巨大折り紙作りは、見た目以上に体力と精神力が必要なんだ…!

 

展示して初めて巨大作品作りが完了!

 

折り目をつけたあとは、ひたすら折る作業が続くという。合宿中だけでは完成できないので、文化祭前の2週間は、毎日2~3時間も折り続けるとか。

 

 

「折り進めていくと、大きかった紙がどんどん小さくなっていくんですよ。それがすごくうれしくて。やっと完成したときには、『あ~、もう折らなくていいんだー!』という解放感でいっぱいになります(笑)」(笠島くん)

 

「折り終わったあとは『いかにカッコよく展示するか』っていう方向に意識が向くんですよね。今年でいうと、ワシの翼にワイヤーを入れて天井からつるしたら迫力が出るんじゃないかとか、ツヤ出しスプレーをかけた方がリアルに見えるんじゃないかとか…。結局、文化祭の前日まで作業してると思います」(高橋くん)

 

折り終わってからも作業が続くなんて大変…! 手間も時間も集中力も必要な巨大折り紙作りに、ここまで夢中になれるのはなぜなんだろう?

 

「みんなで協力して作るものだからだと思います。普段は個人で作品を作っているので、みんなで団結して作業をするのがすごく楽しいんですよね。うまくいくと、『やったー!』って一緒に盛り上がれるのがうれしくて。大変なことも多いけど、部員同士で励まし合えるからこそ、頑張れるんだと思います」(井上くん)

 

「文化祭で作品を見てくれた人が、『こんなのどうやって作るの?』って聞いてくれたり、『すごい!』って驚いてくれたりするのを見ると『大変だったけど頑張って良かったな』って思えるんです。今は、折り紙作家さんが考えた作品を折っているのですが、いつかオリジナル作品を作れるようになるのが目標です」(笠島くん)

 

 

「折り紙の可能性は無限大です!」と井上くん。

 

この巨大折り紙作品を文化祭で見て感動し、折り紙研究部への入部を決めたという部員もいるほど、迫力と見ごたえのある彼らの作品。

 

今年は、9月24日、25日に行われる開成学園文化祭で見ることができる。巨大折り紙のスケールに圧倒されたい人は、ぜひ行ってみては?

投稿巨大作品を部員全員で作りあげる! 開成学園折り紙研究部とは?はリクナビ進学ジャーナル/大学・短大・専門学校や高校生に関するニュースサイトの最初に登場しました。

関連記事リンク(外部サイト)

【4コマまんが】進め!ススムくん ~花火の巻~
日本一かわいい女子高生、永井理子ちゃんってどんな子?
2016年プリクラ事情!ポーズ?落書き?渋谷JK最前線!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
進学ジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP